サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ビデオライブラリ

「こうのとり」5号機 に関連する映像 13


「こうのとり」5号機のハッチオープン、入室、荷物運び出し

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 2分30秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)のハッチを開け、油井宇宙飛行士らが入室し、荷物を運び出す様子



「こうのとり」5号機の曝露パレットを移設する様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 2分42秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)の曝露パレットを補給キャリア非与圧部から「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームに移設する様子



CALETを移設する様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 1分47秒

高エネルギー電子・ガンマ線観測装置(CALET)を宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)の曝露パレットから「きぼう」日本実験棟船外実験プラットフォームに移設する様子



「こうのとり」5号機取付け時のHTV運用管制室の様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 41秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)を国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けた際のHTV運用管制室の様子



「こうのとり」5号機のISS取付け時の様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 3分15秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)を国際宇宙ステーション(ISS)に取り付ける様子



「こうのとり」5号機把持時のNASAのミッション・コントロール・センターの様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 1分25秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)が国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)で把持された際のNASAのミッション・コントロール・センターの様子。ISSとの交信担当(CAPCOM)は若田宇宙飛行士、SSRMSの操作は油井宇宙飛行士が担当。



「こうのとり」5号機把持時のHTV運用管制室の様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 47秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)が国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)で把持された際のHTV運用管制室の様子。SSRMSの操作は油井宇宙飛行士が担当。



「こうのとり」5号機把持時のHTV運用管制室の様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 53秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)が国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)で把持された際のHTV運用管制室の様子。SSRMSの操作は油井宇宙飛行士が担当。



「こうのとり」5号機がISSのロボットアーム(SSRMS)で把持される様子

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 1分31秒

宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)が国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)で把持される様子。SSRMSの操作は油井宇宙飛行士が担当。



「こうのとり」5号機を搭載したH-IIBロケット5号機の打上げ

2015年9月 2日 掲載
再生時間: 4分34秒



今夏、最大の贈り物。 「こうのとり」5号機(HTV5) CM

2015年8月17日 掲載
再生時間: 1分02秒

宇宙の定期便「こうのとり」(HTV)ミッションのCMが完成しました。

国際宇宙ステーションやきぼう日本実験棟の継続と進化の鍵を握る、日本の宇宙船、それが、宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)。
5号機ミッションは、軌道上で長期滞在を行っている油井亀美也がキャプチャ(ロボットアームによる把持)を担当し、先輩宇宙飛行士の若田光一、星出彰彦がサポート。彼ら、宇宙飛行士をはじめ、管制官、実験運用者など、日本のチームが一丸となって挑みます。
皆さま、宇宙の定期便「こうのとり」のミッションをぜひ応援してください。



宇宙の定期便「こうのとり」5号機

2015年8月11日 掲載
再生時間: 7分13秒

地上400キロメートル上空を周回する国際宇宙ステーションでは、日々、様々な実験や観測が行われています。
その確実な運用を支えているのが、高い補給能力と安定した輸送能力を兼ね備えた、宇宙ステーション補給機「こうのとり」です。
利用者のニーズに応え、技術、運用面でも各国の信頼を獲得してきた日本の宇宙船が担う、次なる使命とは。
今夏、「こうのとり」5度目のミッションが始まります。



【宇宙教育テレビ】「こうのとり」運用管制官の仕事

2015年5月28日 掲載
再生時間: 21分35秒

2015年4月18日開催の筑波宇宙センター特別公開で実施した松浦真弓フライトディレクターの講演『「こうのとり」運用管制官の仕事』です。
宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)の運用が大勢のスタッフのチームワークで成り立っていることがよくわかります。


ビデオライブラリをご覧になるには、Windows Media® Player、Adobe®Flash® Player最新版のいずれか必要です。最新版を以下のリンクからダウンロードしてください。

Windows Media Player を入手する  Adobe Flash Player を入手する

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約