サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

宇宙医学

平成25年度宇宙医学生物学研究ワークショップ

最終更新日:2014年02月07日

第1回 「宇宙飛行と加齢の循環機能変化」

主催 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
日時 平成26年2月18日(火) 15:30から18:00
場所 秋葉原UDX 4階 ギャラリーネクスト
東京都千代田区外神田4-14-1
問合せ・申込み先 (一財)日本宇宙フォーラム 広報・調査事業部
以下のウェブサイトの参加申し込みフォームからお申込み下さい。
https://www.science-event.jp/event/aging_ws2/

専門家向けの会合ですが、学生・一般の方もご聴講いただけます。

ワークショップの目的

JAXA宇宙医学生物学研究室は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟を利用して質の高い宇宙医学生物学研究を進めています。そこで得られた研究成果を社会に還元するために、多くの国内研究者の参加のもとに年数回程度のワークショップを開催しています。ISSで計画する宇宙医学研究を紹介しつつ、研究成果の活用や将来の宇宙医学生物学研究のあり方について討議し、今後の宇宙医学生物学の研究推進に役立てることがワークショップの目的です。

宇宙環境がヒトに与える影響は、加齢に伴う変化と類似していることが知られています。加齢医学の知見が宇宙飛行士の健康管理に応用可能であるとともに、宇宙で行われる宇宙医学研究の成果が加齢医学に貢献できると考えられます。

今回は、加齢医学と宇宙医学の双方の専門家から循環機能変化に関する最新の知見を提供していただき、相互の共通点と相違点を確認しながら、今後どのように研究を進めたらよいか討議を行う予定です。

講演

司会:大内尉義 虎の門病院院長・東京大学 名誉教授
大島 博  宇宙航空研究開発機構 宇宙飛行士運用技術部 宇宙医学生物学研究室 室長

1.宇宙医学から得られた心臓循環器の知見

(1) 宇宙飛行士の不整脈
安西 耕  宇宙航空研究開発機構 宇宙飛行士運用技術部 医長

(2) 心血管機能と自律神経機能の変容を予防する人工重力下の運動
岩瀬 敏  愛知医科大学生理学講座 教授

2.加齢に伴う心臓の病気

(1) 加齢に伴う循環器系の変化と疾病
原田和昌 東京都健康長寿医療センター副院長

(2) 加齢に伴う循環調節機能の変化と疾病
苅尾七臣 自治医科大学 内科学講座循環器内科部門教授

3.総合討議

第2回 「宇宙飛行士の運動トレーニングと体力医学研究」

主催 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
日時 平成26年3月7日(金) 15:00から18:00
場所 秋葉原UDX 4階 ギャラリーネクスト
東京都千代田区外神田4-14-1
問合せ・申込み先 (一財)日本宇宙フォーラム 広報・調査事業部
以下のウェブサイトの参加申し込みフォームからお申込み下さい。
https://www.science-event.jp/event/exercise_ws2/

専門家向けの会合ですが、学生・一般の方もご聴講いただけます。

ワークショップの目的

JAXA宇宙医学生物学研究室は、ISSの「きぼう」日本実験棟を利用して質の高い宇宙医学生物学研究を進めています。そこで得られた研究成果を社会に還元するために、多くの国内研究者の参加のもとに年数回程度のワークショップを開催しています。ISSで計画する宇宙医学研究を紹介しつつ、研究成果の活用や将来の宇宙医学生物学研究のあり方について討議し、今後の宇宙医学生物学の研究推進に役立てることがワークショップの目的です。

宇宙環境では体力が低下します。その対策として、ISSに滞在する宇宙飛行士は、毎日2時間程度の運動トレーニングを行っています。この運動時間を短縮しつつ効果的な運動プログラムを開発することが今後の課題です。一方、体力の維持・向上は一般社会に生活するわたしたちにとっても重要です。宇宙飛行士への対策が一般社会に役立つ可能性、あるいは高齢者や患者への対策が宇宙飛行士への対策に繋がる可能性があります。今回は運動トレーニング研究の専門家の方々と、体力医学研究と宇宙医学研究の共通点と相違点を討議し、どのような研究課題を学際的に進めたらよいか、その方法論を含めて方向性と具体的なアイデアや課題を探ります。

講演

司会:大島 博 宇宙航空研究開発機構 宇宙医学生物学研究室 室長
松尾 知明 宇宙航空研究開発機構 宇宙医学生物学研究室 客員研究員 労働安全衛生総合研究所 研究員

1.宇宙飛行士の運動プログラム

神山 慶人 宇宙航空研究開発機構 宇宙飛行士健康管理グループ 開発員

2.宇宙環境での体力低下・心筋萎縮を予防するための運動プログラム(JAXAと筑波大学の共同研究)

松尾 知明 宇宙航空研究開発機構 宇宙医学生物学研究室 客員研究員 労働安全衛生総合研究所 研究員

3.運動プログラムの研究動向

(1) 中高齢者向けのインターバルトレーニング
能勢 博 信州大学大学院医学系研究科・疾患予防医科学系専攻・スポーツ医科学講座 教授

(2) 運動療法による心臓リハビリテーション
牧田 茂 埼玉医科大学医学部国際医療センター 心臓リハビリテーション科 教授

(3) 運動トレーニングによる心臓・血管の適応メカニズム
家光 素行 立命館大学 スポーツ健康科学部 准教授

4.総合討議

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約