JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ
 

宇宙ステーションキッズ

国際宇宙ステーション
宇宙ってどんなとこ
宇宙での生活
有人宇宙活動の歴史
日本人宇宙飛行士
みんなのまわりにも宇宙の技術
ロケット大図鑑
実験工作室
クイズ
用語辞典
宇宙の輪
よくある質問

「きぼう」ツアー

実験工作室

モデルロケットを使った実験〜加速度を計ってみよう

(1) 材料を集めよう
クリックで拡大 材料は、鉛筆、バネ、パイプ、バルサ、輪ゴム、ヒートンなど、ホームセンターなどで入手できるものばかりです。
もし、手に入らない場合は、ほかの物で代用できないか工夫してみましょう。
(2) 加速度計の製作
クリックで拡大クリックで拡大 短くけずった鉛筆(えんぴつ)にバネをはさんでセロハンテープで固定します。
バネの代わりにスポンジを切って両端(りょうはし)に木工用接着剤で鉛筆を接着しても良いでしょう。
クリックで拡大 30mmくらいに切ったプラスチックのパイプに入れます。
プラスチックのパイプの中心にヒートンを差し込む穴をドリルで開けておきましょう。
クリックで拡大クリックで拡大クリックで拡大 3mm厚バルサ板を直径30mmくらいに切り抜き、重り用に50円玉をはさんでヒートンで固定します。鉛筆はバルサ板からちょっとはみ出る程度です。
クリックで拡大 ヒートンに輪ゴムを切って結びます。
クリックで拡大クリックで拡大 3mm厚バルサ板を直径34mmに切り取り、中心にヒートンを取り付け、輪ゴムの反対側を結びます。
クリックで拡大クリックで拡大 前回作成したチョコ筒ロケットのノーズコーン部に木工用接着剤で固定します。
これで加速度計は完成です。
   
すすむ
JAXAトップページへサイトポリシー