宇宙曝露環境での簡易実験(ExHAM)

更新 2017年3月24日

サービス概要

全体の流れ
全体の流れ

簡易曝露実験装置(ExHAM)は、宇宙の曝露環境を利用する小型の実験サンプルを「きぼう」船外に取り付けることが可能な機構です。材料や部品の宇宙環境による変化・劣化を調べたり、宇宙空間に浮遊している物質を捕獲できます。

10㎝×10㎝(タイプ1)、もしくは10㎝×20㎝(タイプ2)の大きさのサンプルを搭載することができ、タイプ1の搭載サンプルはExHAMの上面に7個、側面に13個搭載することができます。 宇宙空間への曝露期間は、半年、1年、2年など設定した後、地上への回収が可能です。

過去に行った類似例としては、シリコーンコーティングしたポリイミドフィルムの原子状酸素耐性試験 や、微粒子捕獲による新種の地球外物質の発見 があります。

装置スペック

全体の流れ
専用アダプタにより、試料を用意するだけで曝露実験ができます。

料金表(1年間※1

  • 「試料」をExHAMへ取り付けます。
  • ExHAM(試料含む)をISSへ船内環境で打上げ、「きぼう」のエアロックを経由して船外へ搬出し、「きぼう」のロボットアームにより所定の「きぼう」船外実験プラットフォーム上へ設置します。
  • 約1年後、ExHAM(試料含む)をISSから地上へ回収し、ユーザー様へ「試料」を返品します。
サービス Type1(10×10cm) Type2(10×20cm)
標準プレート有無※2
ご利用料金 国内ユーザー 84万円 73万円 168万円 154万円
海外ユーザー 173万円 162万円 346万円 332万円
支払い条件 原則、前払い
  • ※1【オプション料金】1年を超えたご利用の場合、半年間の期間延長毎に総額に対して50%の割増となります。最大2年間までご利用頂けます。
  • ※2利用者側で新たに構造評価をする必要がなくなるため、使用推奨。

プロジェクトの流れ

  • 「試料」をExHAMへ取り付けます。
  • ExHAM(試料含む)をISSへ船内環境で打上げ、「きぼう」のエアロックを経由して船外へ搬出し、「きぼう」のロボットアームにより所定の「きぼう」船外実験プラットフォーム上へ設置します。
  • 約1年後、ExHAM(試料含む)をISSから地上へ回収し、ユーザー様へ「試料」を返品します。

詳細資料

タイトル サイズ ID
簡易曝露実験装置(ExHAM)(A4、4ページ) [ pdf: 3.3 MB] 67825
簡易曝露実験装置(ExHAM)(A3、2ページ) [ pdf: 2.4 MB] 67824

募集

随時相談をお受けしております。

きぼう利用プロモーション室



国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム