~海外初となる民間ベンチャーによる「きぼう」船外利用が2020年春頃に開始~ スペインの宇宙ベンチャーSatlantis社開発のペイロード"iSIM"がJAXAに引き渡されました

公開 2019年12月17日

2019年12月16日(月)、JAXA筑波宇宙センターにおいて、「きぼう」船外実験プラットフォームに搭載されるペイロード『Integrated Standard Imager for Microsatellites(以下、"iSIM")』がSpace BD株式会社からJAXAに引き渡され、2020年春頃の技術実証開始を目指して、打ち上げに向けた準備作業を開始しました。

今回引き渡されたペイロードは、Satlantis社が製品化を目指して開発した超小型衛星搭載用地球観測カメラであり、国際宇宙ステーション(ISS)・「きぼう」日本実験棟の船外実験プラットフォームで技術実証を行うものです。

Space BD株式会社は宇宙商社として国内外企業による「きぼう」利用の促進活動を行っており、本技術実証に繋がりました。現在、Space BD株式会社は、JAXAに代わり「きぼう」船外実験プラットフォーム利用事業者として活動しています。

船外ペイロードiSIMを前に記念撮影を行うSpace BD株式会社/Satlantis社とJAXA関係者ら(出典:JAXA)
引き渡し確認書を取り交わしたSpace BD株式会社/Satlantis社とJAXA関係者(出典:JAXA)
  • ペイロード名Integrated Standard Imager for Microsatellites(iSIM)
  • 開発機関Satlantis社(スペイン)
  • きぼう利用委託事業者Space BD株式会社
  • ミッション超小型衛星搭載用地球観測カメラの技術実証
(出典:JAXA)

関連リンク


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム