グアテマラ初の超小型衛星がJAXAに引き渡されました

公開 2019年12月 6日

2019年12月3日、JAXA筑波宇宙センターにおいて、グアテマラ・デル・バジェ大学が開発する『Quetzal-1』が衛星開発チームからJAXAに引き渡され、来年春頃の放出を目指して、打ち上げに向けた準備作業を開始しました。

今回、引き渡された衛星は、JAXAと国連宇宙部(UNOOSA)が連携して推進しているKiboCUBEプログラムの第2回公募で選定された、グアテマラ初の衛星です。 2012年から実施してきたJ-SSODを利用したCubeSat放出としては13回目のミッションとなります。

超小型衛星を前に記念撮影を行うグアテマラ・デル・バジェ大学衛星開発チームとJAXA関係者ら(出典:JAXA)
引き渡し確認書を取り交わしたグアテマラと日本の関係者(出典:JAXA)
グアテマラ・デル・バジェ大学衛星開発チームと放出予定の衛星(出典:JAXA)
グアテマラ・デル・バジェ大学衛星開発チームからの感謝状を受領するJAXA関係者(出典:JAXA)
  • 衛星名Quetzal-1 [サイズ:1U]
  • 機関Universidad del Valle de Guatemala (グアテマラ共和国)
  • ミッション衛星開発技術およびリモートセンシング技術の獲得を見据え、CubeSatによるCMOSカメラおよび自作フィルターを用いた海面撮像による、植物プランクトン濃度(クロロフィルα)の観測技術の実証
(出典:JAXA)

関連トピックス


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構
有人宇宙技術部門 きぼう利用センター
きぼう利用プロモーション室
お問合せ

きぼう利用ネットワーク

「きぼう」利用や宇宙実験に関する最新情報をお届けします。「きぼう」利用や宇宙実験に興味のある方はどなたでもご参加いただけます。

  • きぼう利用ネットワーク
  • きぼう利用ネットワークTwitter
  • メンバー登録フォーム
  • メンバー情報変更・登録解除フォーム