サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS・きぼうタイムズ

ISS・きぼうタイムズ -2019年7月号-

最終更新日:2019年7月31日
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ISS・きぼうタイムズです。

7月19日に種子島宇宙センターにおいて「こうのとり」8号機(HTV8)のプレス公開が行われ、多くの報道関係者が種子島を訪れました。最新情報はHTV8号機ページで掲載いたしますので、ご確認ください。

では、7月の国際宇宙ステーションや「きぼう」日本実験棟に関するニュースをお届けします。

【今月の「ISS・きぼう」ヘッドラインニュース】

宇宙でのマウス研究システムMARS(Multiple Artificial-gravity Research System)を改良し、餌介入試験に成功(2019年7月11日)
第1回ミッションにおいて、μg環境マウスの飲水から水漏れすることがあったため、MARSを改良し、第2回マウス長期飼育ミッションを実施しました。改良型MARSのμgおよび人工1gでは水漏れは発生せず、飼育環境が安定しており、改良が成功したことが示されました。

[プレスリリース]JAXAとトヨタ、有人与圧ローバの実現に向け具体的な共同研究に着手(2019年7月16日)
燃料電池車技術を用いた月面でのモビリティ「有人与圧ローバ」の共同検討について、有人与圧ローバの開発及び国際協力による月面探査での活用を目指し、試作車の製作・実験・評価を含む3年間(2019年度~2021年度)の共同研究協定を締結しました。

「きぼう」完成・「こうのとり」打ち上げ10周年記念イベント~近未来宇宙予測カイギ~(2019年7月19日)
8月30日(金)に予定している「きぼう」完成・「こうのとり」打ち上げ10周年記念イベントの登壇者やタイムスケジュールを更新しました。



きぼう完成10周年にあたって(2019年7月19日)
「きぼう」日本実験棟の軌道上組み立て完成から10年が経ち、若田有人宇宙技術部門長からのメッセージを掲載しました。

[プレスリリース]JAXA野口聡一宇宙飛行士の国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在の準備状況について(2019年7月23日)
現在ISSでの長期滞在に向けた準備・訓練を実施しており、ソユーズ59Sの打ち上げ成功に伴ってバックアップクルー業務を解除されたところ、現在米国が開発を進めている米国有人宇宙船(United States Crew Vehicle:USCV)に搭乗してISSへ向かうための訓練を開始することになりました。

 

そのほかの7月のISS・きぼうに関するニュースは以下をご覧ください。
トピックス記事一覧

【イベント・メディア情報】

★イベント情報★

【野口宇宙飛行士】 第14回ちがさき宇宙記念日/第48回ちがさき宇宙教室特別授業
8月11日(日)茅ヶ崎市民文化会館大ホールにて、宇宙教室特別授業が開催されます。野口宇宙飛行士が「長期滞在ミッションへの抱負」のお話をする予定です。ご参加希望の方はお早めにお申し込みください。

日時:2019年8月11日(日) 13時半~16時
会場:市民文化会館大ホール
定員:1300名(抽選制)

 

そのほかのイベント・メディア情報は以下をご覧ください。
メディア・イベント情報

【JAXA宇宙飛行士最新情報】

★野口宇宙飛行士&星出宇宙飛行士Twitterでは、本人たちがミッションに向けた訓練や日々の生活について等、様々なことを発信しています。フォローして、チェックしてみてくださいね!

野口聡一(@Astro_Soichi)

星出彰彦(@Aki_Hoshide)


★野口宇宙飛行士の訓練レポートを掲載しましたので、是非、ご覧ください。
野口宇宙飛行士 バックアップクルー終了 ~米・民間宇宙船に向けた訓練へ

水上サバイバル訓練中の野口宇宙飛行士
(出典:JAXA/GCTC)

【今月は2枚】

今月は「きぼう」と「こうのとり」のお写真をご紹介します。
10年前の7月、2J/Aミッション(STS-127)で「きぼう」の船外実験プラットフォームと船外パレットがスペースシャトルで打ち上げられ、若田宇宙飛行士ISS長期滞在時に「きぼう」が完成しました。また、7年前の2012年7月21日、「こうのとり」3号機は種子島宇宙センターから打ち上げられました。

今月の「ISS・きぼうタイムズ」いかがでしたか?次回の発行は8月末頃を予定しています。

発行者:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門
宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター

受信アドレスの変更、登録解除は、メールサービス(携帯可)から行えます。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約