サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS・きぼうタイムズ

ISS・きぼうタイムズ -2018年12月号-

最終更新日:2018年12月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ISS・きぼうタイムズです。

公募により開催しました金井宇宙飛行士のミッション報告会(東京以外)は、今月をもちまして全て終了いたしました。みなさまからの応援、どうもありがとうございました。今後は次の野口宇宙飛行士ミッションに向けた情報もアップしていきますので、引き続きホームページのチェックをお願いいたします。

ISS・きぼうタイムズへのご意見・ご感想などは本メール最後に記載しているメールアドレスまでお寄せください♪

では、12月の国際宇宙ステーションや「きぼう」日本実験棟に関するニュースをお届けします。

【今月の「ISS・きぼう」ヘッドラインニュース】

「きぼう」船外利用にかかる民間事業者の企画提案募集について~「きぼう」利用事業の民間開放 第2弾~(2018年12月5日)
JAXAでは、「きぼう利用戦略」(平成29年8月第2版制定)に基づき、国際宇宙ステーション・日本実験棟「きぼう」の利用事業について、民間等による事業自立化(民間への開放)を推進しています。今回はその第2弾としてISS・「きぼう」の船外実験プラットフォームの利用機会を、民間事業者ならではのアイデアやサービスによって、国内外に広く事業提供するための企画提案募集(RFP)を平成31年1月31日まで提案を受け付けます。

黄色い丸の箇所がi-SEEPが搭載されている船外実験ポート、「きぼう」 船外実験プラットフォーム

中型曝露実験アダプタ(i-SEEP)。


将来有人宇宙活動に向けた宇宙医学/健康管理技術研究開発に関わる意見募集(情報提供要請)および説明会について(2018年12月10日)
JAXA有人宇宙技術部門では、将来有人探査活動(月面・月周辺、火星表面・火星周辺)における宇宙飛行士の健康管理運用に向けて、これらに必要な宇宙医学/健康管理技術を獲得すべく研究開発計画の策定を進めております。研究開発活動の一歩として、国内の企業、研究機関等の皆さまからの意見募集を行います。

「きぼう」運用関連事業に係る意見募集(2018年12月10日)
JAXAはこれまでISS・「きぼう」の運用作業についてアウトソーシングを進め、新たな研究開発による有人宇宙技術の獲得、利用サービスの定時化・定型化などのプラットフォーム整備に取組んできました。今年度からのJAXAの第4期中長期計画期間においては、地球低軌道利用のさらなる発展を見据え、民間が裁量を持って主体的に「きぼう」の運用と利用実験を行うことを検討しています。そのためのアイデア・意見を幅広い業種・業界の皆様から提供いただき、「きぼう」運用関連事業への参画を希望する方々からの幅広いご意見を募集します。

「こうのとり7号機の小型回収カプセル一般公開
ISSから実験試料を持ち帰った「こうのとり」7号機の小型回収カプセルを12月15日と16日に筑波宇宙センターで一般公開しました。
「きぼう」10周年記念Instagram

「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」(2018年12月20日)
JAXAは、東京大学(国際オープンイノベーション機構)との共催で、『民生ロボット技術で拓く将来の有人宇宙活動』に関するワークショップを2019年1月21日に開催致します。

 

そのほかの12月のISS・きぼうに関するニュースは以下をご覧ください。
トピックス記事一覧

【JAXA宇宙飛行士最新情報】

★金井宇宙飛行士Twitterやブログでは、金井宇宙飛行士本人が宇宙でのこと・帰還後のことを発信しています。

金井宣茂Twitter

また、国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在ミッション地方報告会では、金井宇宙飛行士本人や参加したみなさんから当日の模様を#金井をレポートのハッシュタグでTwitterで情報発信しています。

 

そのほかの金井宇宙飛行士がミッション完了しました長期滞在については、以下のページをご覧ください♪
金井宣茂宇宙飛行士 長期滞在ページ

【イベント・メディア情報】

★イベント情報★

将来有人宇宙活動に向けた宇宙医学/健康管理技術研究開発に関わる意見募集(情報提供要請)および説明会について
JAXA有人宇宙技術部門では、将来有人探査活動(月面・月周辺、火星表面・火星周辺)における宇宙飛行士の健康管理運用に向けて、これらに必要な宇宙医学/健康管理技術を獲得すべく研究開発計画の策定を進めております。研究開発活動の一歩として、国内の企業、研究機関等の皆さまからの意見募集を行います。また、研究開発キックオフを開催いたします。
日時:2019年1月16日(水)15時00分~17時30分

「太陽系フロンティア開拓による人類の生存圏・活動領域拡大に向けたオープンイノベーションハブ」『民生ロボット技術で拓く将来の有人宇宙活動』のワークショップのご案内
JAXAは、東京大学(国際オープンイノベーション機構)との共催で、『民生ロボット技術で拓く将来の有人宇宙活動』に関するワークショップを開催します。ワークショップへの参加だけでなく、発表コーナーでの発表についても募集しております。企業・大学・研究機関等の皆様で、宇宙でのロボット技術の適用や利用にお興味をお持ちの方々は、奮ってご参加ください。
日時:2019年1月21日(月)13時00分~17時15分

 

そのほかのイベント・メディア情報は以下をご覧ください。
メディア・イベント情報

【今月の1本】

今月の1本をご紹介します!

今月の「ISS・きぼうタイムズ」いかがでしたか?次回の発行は1月末頃を予定しています。

発行者:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門
宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター

♪本メールマガジンへのご感想・ご要望などをお寄せください♪

受信アドレスの変更、登録解除は、 メールサービス (携帯可)から行えます。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約