サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

ISS・きぼうタイムズ

ISS・きぼうタイムズ -2017年9月号-

最終更新日:2017年9月29日

こんにちは! 食欲の秋、行楽の秋となりました、みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

食欲の「食」と言えば、地上での食事は四季や旬の物を味わい、また、誕生日等のイベントも堪能できます。では、軌道上では?もちろん、軌道上でもスペシャルなFoodをご用意しております!地上では食べられるのに軌道上では食べられない(提供できにくい)食品もまだまだたくさんありますが、四季やイベント時はちゃんとご用意しております!

「Happy Thanksgiving、From Space!」

ISS・きぼうタイムズへのご意見・ご感想などは本メール最後に記載しているメールアドレスまでお寄せください♪

では、9月の国際宇宙ステーションや「きぼう」日本実験棟に関するニュースをお届けします。

今月の「ISS・きぼう」ヘッドラインニュース

アジアン・トライ・ゼロG 2018の実験テーマの決定(2017年9月7日)
Kibo-ABC(Asian Beneficial Collaboration through "Kibo" Utilization : きぼうを利用した協力イニシアティブ)の活動の一環として、金井宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中に行う予定の実験テーマが採択されました。

JAXAと国連宇宙部との連携協力(KiboCUBE)に基づく搭載衛星の第2回の選定(2017年9月11日)
JAXAは「きぼう」日本実験棟からの超小型衛星放出の機会提供に関する協力取決めを国際連合宇宙部(UNOOSA(United Nations Office for Outer Space Affairs))との間で平成27年9月に締結していましたが、今回、第2回はグアテマラ共和国「Guatemalan CubeSat」が選定されました。

世界初、宇宙空間でμgから1gを可変できる実験環境"MARS"が完成(2017年9月8日)
世界で初めて1g以下の長期可変人工重力環境での小動物(マウス)個別飼育に成功し、μg~1gのほ乳類への重力影響を「きぼう」で評価することが可能となりました。

きぼう船内ドローン「Int-Ball」 最新映像(Int-BallだよりVol.5)(2017年9月11日)
今回のInt-Ballは、宇宙飛行士の "相棒"として成長していく様子を紹介しております。

詳しくはJAXA YouTubeをご覧ください。

そのほかの9月のISS・きぼうに関するニュースは以下をご覧ください。
トピックス記事一覧

JAXA宇宙飛行士最新情報

金井宇宙飛行士長期滞在ページでは打上げに向け、不定期でWeb更新中です。また、Twitterでは、日々訓練のことや日常のことなどをつぶやいていますので、フォローよろしくお願いします♪
金井宣茂Twitter

2017年8月25日より開始されました金井宣茂公式ブログ「宇宙、行かない?」は、Twitterと同様に日々更新されております。みなさん、ぜひ、ブログをご覧ください。

また、読者の皆様から金井宇宙飛行士ブログのヘッダイラストも募集していますので、是非皆様ご応募お願いいたします!

金井宇宙飛行士ブログ ヘッダイラスト募集!

<NEW♪>
金井宇宙飛行士の宇宙滞在における リアルタイム交信イベント企画の募集について(2017年9月4日)
2017年12月頃からISSに長期滞在する金井宇宙飛行士との交信イベントの企画提案の募集が開始されました。募集締め切りは、2017年10月10日(火)となっておりますので、是非、ご検討ください。

イベント・メディア情報

「SPACE MEETS YOKOHAMA~きぼう、その先へ~」開催決定!
10月26日(木)パシフィコ横浜 国立大ホールにて、油井宇宙飛行士、大西宇宙飛行士、金井宇宙飛行士らが出演し、国際宇宙ステーション(ISS)と「きぼう」日本実験棟の成果や将来展望を語りつくす一大イベントを開催いたします!

参加登録は9月26日(火)から開始します。皆様のご参加をお待ちしております♪
SPACE MEETS YOKOHAMA特設サイト

筑波宇宙センター特別公開を9月30日に予定しております。みなさん、ぜひ、足を運んでくださいね!

そのほかのイベント・メディア情報は以下をご覧ください。
メディア・イベント情報

今月の1枚

「STS-47(FMPT)(First Material Processing Test)のSL(Space Lab)モジュール内の全搭乗員」
25年前の1992年9月は、毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初飛行しました。そこで、今月の1枚は1992年9月の毛利宇宙飛行士をご紹介します。

なお、余市宇宙記念館(北海道・余市町)では、2017年11月30日まで毛利衛宇宙飛行士25周年記念コーナーを開設しているそうです。お時間のある方は、足を運んでみてください。
毛利さんのふるさとで宇宙を学ぼう!余市宇宙記念館のホームページ

今月の「ISS・きぼうタイムズ」いかがでしたか?次回の発行は10月末頃を予定しています。

発行者:国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構 有人宇宙技術部門
宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター

♪本メールマガジンへのご感想・ご要望などをお寄せください♪
KIBO-PAO@ml.jaxa.jp

受信アドレスの変更、登録解除は、メールサービス(携帯可)から行えます。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約