サイトマップ

光触媒って何?

光触媒とは、自分自身は変化することなく、光を受けて様々な化学反応を起こす物質です。空気中の有害物質の除去や、太陽光からのエネルギー取出しに役立っています。

このような光触媒は、主に酸化チタンが使用されており、工業的には壁面の塗装や造花等に使用されています。光触媒を塗布した表面は、ついた汚れや有害物質を分解する働きがあり、また抗菌・消臭効果も有しています。

また、性能の良い光触媒を用いることにより、太陽電池の高性能化も図れます。

光触媒の役割



ナノスケルトントップページへ | 「きぼう」での実験ページへ

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約  ヘルプ