サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

利用状況と今後の予定

これまで公開した「きぼう」の利用状況や予定をまとめています。

2017年1月12日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 71KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 120KB]

【船内利用】
  • PS-TEPC実験※1機能確認作業を12月14日から28日まで行い、28日からPS-TEPC実験を開始しました。
  • ※1 位置有感生体組織等価比例計数箱による宇宙ステーション内での線量当量計測技術の確立
    (代表研究者:佐々木慎一 高エネルギー加速器研究機構・放射線科学センター)

  • Multi Omics実験※2の2回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を1月10日、11日に行いました。
  • ※2 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Marangoni UVP実験※3を1月17日に行う予定です。
  • ※3 マランゴニ対流における時空間構造
    (代表研究者:依田眞一 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授)


【船外利用】
  • 超小型衛星(J-SSOD#5)放出作業を12月19日に行いました。放出後作業を12月21日に行いました。
  • 超小型衛星(J-SSOD#6)放出準備作業を12月22日、27日、28日に行いました。放出作業を1月16日に行い、放出後作業を1月16日、18日に行う予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年12月22日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 72KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 109KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※11回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を12月12日、15日に行いました。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Area PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)取付け作業を12月14日に行いました。
  • PS-TEPC実験※2準備作業を12月14日に行いました。
  • ※3 位置有感生体組織等価比例計数箱による宇宙ステーション内での線量当量計測技術の確立
    (代表研究者:佐々木慎一 高エネルギー加速器研究機構・放射線科学センター)


【船外利用】
  • RELL※3(NASAの船外実験装置)船内搬入作業を12月5日に行い、船内搬入後作業を12月6日に行いました。
  • ※3 NASAの船外実験装置

  • 超小型衛星(J-SSOD#5)放出準備作業を12月7日、15日、16日に行い、放出作業を12月19日に行いました。放出後作業を12月22日に行う予定です。
  • 超小型衛星(J-SSOD#6)放出準備作業を12月22日、27日、28日に行う予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年12月 7日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 63KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 120KB]

【船内利用】
  • Marangoni UVP実験※1準備作業を11月28日から30日まで行いました。
  • ※1 マランゴニ対流における時空間構造
    (代表研究者:依田眞一 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授)

  • Multi Omics実験※21回目のサンプル採取を12月12日、15日に行い、MELFIに保管する作業を行う予定です。
  • ※2 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Area PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)取付け作業を12月14日に行う予定です。
  • PS-TEPC実験※3準備作業を12月14日に行う予定です。
  • ※3 位置有感生体組織等価比例計数箱による宇宙ステーション内での線量当量計測技術の確立
    (代表研究者:佐々木慎一 高エネルギー加速器研究機構・放射線科学センター)


【船外利用】
  • RELL※4(NASAの船外実験装置)船外搬出準備作業を11月25日に行い、船外搬出作業およびデモンストレーション運用を11月28日から12月4日まで行いました。船内搬入作業を12月5日から6日まで行いました。
  • ※4 NASAの船外実験装置

  • 超小型衛星(J-SSOD#5)放出準備作業を12月7日、15日、16日に行う予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年11月24日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 67KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 112KB]

【船内利用】
  • Dynamic Surf実験※1(3回目)を11月7日から8日、8日から9日、9日から10日に行いました。
  • ※1 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門教授)

  • Marangoni UVP実験※2準備作業を11月28日から30日まで行う予定です。
  • ※2 マランゴニ対流における時空間構造
    (代表研究者:依田眞一 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授)


【船外利用】
  • RELL※3(NASAの船外実験装置)船外搬出作業を11月29日から12月3日まで行う予定です。
  • ※3 NASAの船外実験装置


継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年11月10日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 68KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 115KB]

【船内利用】
  • Dynamic Surf実験※1(3回目)を10月24日から25日、11月7日から8日、8日から9日に行いました。実験は11月9日から10日にも行います。
  • ※1 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門教授)

  • JAXA PCG実験※2(第2期第5回)を10月29日に終了しました。
    実験試料サンプルを搭載したセルユニットはソユーズ宇宙船(48S)でISSへ輸送し、軌道上で結晶化を行った後、ソユーズ宇宙船(47S)で地上へ回収しました。
  • ※2 高品質タンパク質結晶生成実験


【船外利用】

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年10月26日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 72KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 109KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※1の準備作業を10月12日に終了しました。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Biological Rhythms48実験※2を10月13日に開始し、10月18日に終了しました。
  • ※2 長期宇宙飛行時における心臓自律神経活動に関する研究

  • Microbe-4実験※3の4回目のサンプル採取を10月14日に行いました。
  • ※3 宇宙居住の安全・安心を保証する「きぼう」船内における微生物モニタリング
    (代表研究者:那須正夫 大阪大学大学院 教授)

  • JAXA PCG実験※4(第2期第5回)を10月21日に開始しました。実験は10月29日に終了する予定です。
    実験試料サンプルを搭載したセルユニットはソユーズ宇宙船(48S)でISSへ輸送し、軌道上で結晶化を行った後、ソユーズ宇宙船(47S)で地上へ回収する予定です。
  • ※4 高品質タンパク質結晶生成実験

  • Dynamic Surf実験※5(3回目)を10月24から25日に行いました。
  • ※5 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門教授)


【船外利用】

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年10月13日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 103KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 117KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※13回目のサンプル採取を9月26日に行い、MELFIに保管する作業を行いました。
    4回目のサンプル採取を10月6日、7日に行いました。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Group Combustion実験※2準備作業として実験装置の設置および初期機能確認作業を9月27日から30日まで行いました。
    実験装置の機能確認作業を10月7日に行いました。
  • ※2 ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現のメカニズムの解明
    (代表研究者:三上真人 山口大学 大学院 創成科学研究科 教授)

  • Dynamic Surf実験※3(3回目)を9月26から27日、27日から28日に行いました。
  • ※3 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門教授)

  • Biological Rhythms48実験※4を10月13日から18日まで行う予定です。10月13日からアクティウォッチによる計測、16日から携帯型ホルター心電計による計測を開始する予定です。
  • ※4 長期宇宙飛行時における心臓自律神経活動に関する研究

  • Microbe-4実験※5の4回目のサンプル採取を10月14日に行う予定です。
  • ※5 宇宙居住の安全・安心を保証する「きぼう」船内における微生物モニタリング
    (代表研究者:那須正夫 大阪大学大学院 教授)

  • JAXA PCG実験※6(第2期第5回)を10月21日から開始する予定です。
  • ※6 高品質タンパク質結晶生成実験


【船外利用】
  • RELL(NASAの船外実験装置)設置準備作業を9月26日、27日に行いました。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年9月28日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 98KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 126KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※1準備作業を9月15日から開始しました。
    3回目のサンプル採取を9月23日に行い、MELFIに保管する作業を行いました。サンプル採取は26日にも行われる予定です。
    4回目のサンプル採取を10月6日、7日に行う予定です。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Group Combustion実験※2準備作業を9月21日に行いました。
    実験装置の設置および初期機能確認作業を9月27日から開始する予定です。
  • ※2 ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現のメカニズムの解明
    (代表研究者:三上真人 山口大学 大学院 創成科学研究科 教授)

  • Dynamic Surf実験※3(3回目)を9月26から27日、27日から28日に行う予定です。
  • ※3 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門教授)


【船外利用】
  • 米国の超小型衛星(NRCSD#9)放出準備作業を9月12日、13日に行いました。放出作業を14日から15日にかけて行いました。放出後作業を16日、20日、23日に行いました。
  • RELL(NASAの船外実験装置)設置準備作業を9月26日、27日に行う予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。


<< 前のページへ | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約