サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

利用状況と今後の予定

これまで公開した「きぼう」の利用状況や予定をまとめています。

2016年9月28日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 98KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 126KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※1準備作業を9月15日から開始しました。
    3回目のサンプル採取を9月23日に行い、MELFIに保管する作業を行いました。サンプル採取は26日にも行われる予定です。
    4回目のサンプル採取を10月6日、7日に行う予定です。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Group Combustion実験※2準備作業を9月21日に行いました。
    実験装置の設置および初期機能確認作業を9月27日から開始する予定です。
  • ※2 ランダム分散液滴群の燃え広がりと群燃焼発現のメカニズムの解明
    (代表研究者:三上真人 山口大学 大学院 創成科学研究科 教授)

  • Dynamic Surf実験※3(3回目)を9月26から27日、27日から28日に行う予定です。
  • ※3 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門教授)


【船外利用】
  • 米国の超小型衛星(NRCSD#9)放出準備作業を9月12日、13日に行いました。放出作業を14日から15日にかけて行いました。放出後作業を16日、20日、23日に行いました。
  • RELL(NASAの船外実験装置)設置準備作業を9月26日、27日に行う予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年9月14日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 81KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 119KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※1の2回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を8月29日、31日に行いました。9月22日、25日に3回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を行う予定です。Multi Omics実験準備作業を9月15日から開始する予定です。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Area PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)取外し作業を9月5日に行いました。
  • JAXA PCG実験※2(第2期第5回)を9月25日から開始する予定です。
  • ※2 高品質タンパク質結晶生成実験


【船外利用】
  • 米国の超小型衛星(NRCSD#9)放出準備作業を9月12日に行いました。準備作業は13日にも行います。14日から15日にかけて放出作業、16日、20日に放出後作業を実施する予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年8月31日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 77KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 118KB]

【船内利用】
  • Biological Rhythms48実験を8月21日から26日まで行いました。
    8月21日からアクティウォッチによる計測、24日から携帯型ホルター心電計による計測を行いました。
  • Multi Omics実験※1の2回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を8月29日に行いました。サンプル採取は9月1日にも行う予定です。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Microbe-4実験※2の4回目のサンプル採取を9月2日に行う予定です。
  • ※2 宇宙居住の安全・安心を保証する「きぼう」船内における微生物モニタリング
    (代表研究者:那須正夫 大阪大学大学院 教授)

  • Area PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)取外し作業を9月5日に行う予定です。

【船外利用】

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年8月17日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 81KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 112KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※1の1回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を8月2日、4日に行いました。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Biological Rhythms48実験を8月22日から26日まで行う予定です。
    8月22日からアクティウォッチによる計測、24日から携帯型ホルター心電計による計測を開始する予定です。

【船外利用】
  • NREP※2設置準備作業として、きぼうエアロックのスライドテーブルにNREPを取り付け、減圧する作業を8月4日に行いました。
    きぼう船外実験プラットフォームに設置する作業を8月5日に行いました。
    設置後作業としてきぼうエアロックの加圧作業を8月10日に行いました。
  • ※2 米国NanoRacks社の船外プラットフォーム(「きぼう」船外実験プラットフォームに設置)


継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年8月 3日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 81KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 117KB]

【船内利用】
  • Stem Cells実験※1関連作業を7月21日に行いました。
  • ※1 ES細胞を用いた宇宙環境が生殖細胞に及ぼす影響の研究
    (代表研究者:森田隆 大阪市立大学教授)

  • Biological Rhythms48実験を7月22日から27日まで行いました。
    7月22日からアクティウォッチによる計測、25日から携帯型ホルター心電計による計測を行いました。
  • Multi Omics実験※2の1回目のサンプル採取を8月2日、4日に行う予定です。
  • ※2 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)


【船外利用】
  • ExHAM#1のサンプル取付け後作業を7月26日に行いました。
  • NREP※3設置準備作業として船外実験プラットフォーム側装置交換機構(EFU)の機能確認を7月22日に行いました。
    きぼうエアロックのスライドテーブルにNREPを取り付け、減圧する作業を8月4日に行う予定です。
    きぼう船外実験プラットフォームに設置する作業を8月5日に行う予定です。
    きぼうエアロックの加圧作業を8月8日に行う予定です。
  • ※3 米国NanoRacks社の船外プラットフォーム(「きぼう」船外実験プラットフォームに設置)


継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年7月21日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 83KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 115KB]

【船内利用】
  • Dynamic Surf実験※1(3回目)を7月6日から7日、13日から14日まで行いました。
  • ※1 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門 教授)

  • Stem Cells実験※2関連作業を7月21日に行う予定です。
  • ※2 ES細胞を用いた宇宙環境が生殖細胞に及ぼす影響の研究
    (代表研究者:森田隆 大阪市立大学教授)

  • Biological Rhythms48実験を7月22日から27日まで行う予定です。
    7月22日からアクティウォッチによる計測、25日から携帯型ホルター心電計による計測を開始する予定です。

【船外利用】
  • ExHAM#1のサンプル取付け後作業として、きぼうエアロックの加圧作業を7月6日に行いました。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年7月 6日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 87KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 117KB]

【船内利用】
  • Multi Omics実験※1の3回目と4回目のサンプル採取に向けた準備作業を5月28日から開始し、6月24日まで行いました。
    6月21日に4回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を行いました。
  • ※1 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Dynamic Surf実験※2(3回目)を6月22日から23日、23日から24日、29日から30日まで行いました。
    実験は7月6日から7日、13日から14日にも行います。
  • ※2 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門 教授)


【船外利用】
  • ExHAM#1に新たなサンプルを取り付ける作業を6月23日に行いました。サンプル交換後、ExHAM#1を「きぼう」エアロックから船外に搬出し、再び船外実験プラットフォームに取り付けるための準備作業を6月28日に行い、取付け作業を6月29日に行いました。
    後作業を7月6日、9日に行う予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2016年6月22日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 93KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 122KB]

【船内利用】
  • Auxin Transport実験※1のRun3-2を6月6日から10日まで行いました。
  • ※1 宇宙環境を利用した植物の重力応答反応機構および姿勢制御機構の解析
     (代表研究者:上田 純一 大阪府立大学 名誉教授)

  • Multi Omics実験※2の3回目と4回目のサンプル採取に向けた準備作業を5月28日から開始し、6月24日まで行います。
    6月7日に3回目の、21日に4回目のサンプル採取を行い、MELFIに保管する作業を行いました。
  • ※2宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価
    (代表研究者:大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)

  • Dynamic Surf実験※3(3回目)を6月12日から13日、16日から17日まで行いました。
    実験は6月22日から23日、23日から24日、29日から30日にも行います。
  • ※3 高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価
    (代表研究者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門 教授)


【船外利用】
  • ExHAM#1サンプル交換準備作業を6月6日、7日、13日、17日に行いました。サンプル回収作業を6月17日に行いました。
    ExHAM#1に新たなサンプルを取り付ける作業を6月23日に行う予定です。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。


<< 前のページへ | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約