サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

利用状況と今後の予定

これまで公開した「きぼう」の利用状況や予定をまとめています。

2018年4月18日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 416KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 326KB]

【新薬設計支援プラットフォーム】
JAXA PCG実験※1を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、宇宙の微小重力環境を利用して生成した高品質なタンパク質の結晶を調べることで、その構造を詳細に把握し創薬などに貢献することができます。
    実験試料サンプルは、ソユーズ宇宙船(54S)で国際宇宙ステーション(ISS)へ輸送し、軌道上で結晶化を行った後、ソユーズ宇宙船(53S)で地上に回収する予定です。
  • 実験開始トピックス
    研究者インタビュー

    ※1 高品質タンパク質結晶生成実験


【加齢研究支援プラットフォーム】
Mouse Stress Defense実験※2を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、生体防御遺伝子を制御する転写因子Nrf2に注目し、マウス飼育により宇宙ストレスがNrf2活性に与える影響を調べることで、宇宙環境におけるリスク軽減にNrf2誘導剤が有効であることを実証します。
    本実験の成果は、発がんや骨粗鬆症などに代表される地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服への応用が期待されます。

    ※2 宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(代表研究者:山本雅之 東北大学教授)


【スペシャルトピックス】
<MISSE※3の船外搬出準備を行いました>
  • 「きぼう」エアロックを使用して、NASAの材料曝露実験装置MISSEを船外に搬出するための準備作業を4月13日に行いました。
    「きぼう」は他国の実験にも活用されています。
  • ※3 NASAの材料曝露実験装置(Materials ISS Experiment:MISSE)


<MISSE※4の船内搬入準備を行います>
  • 「きぼう」エアロックを使用して、NASAの材料曝露実験装置MISSEを船内に搬入するための準備作業を4月27日に行う予定です。
    「きぼう」は他国の実験にも活用されています。
  • ※4 NASAの材料曝露実験装置(Materials ISS Experiment:MISSE)


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2018年4月 4日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 375KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 369KB]

【新薬設計支援プラットフォーム】
JAXA PCG実験※1を開始しました>
  • 第3期第2回目(第14回目)の実験を3月24日に開始しました。
    実験試料サンプルは、ソユーズ宇宙船(54S)で国際宇宙ステーション(ISS)へ輸送し、軌道上で結晶化を行った後、ソユ―ズ宇宙船(53S)で地上に回収する予定です。
  • 実験開始トピックス

    ※1 高品質タンパク質結晶生成実験


【加齢研究支援プラットフォーム】
<Mouse Stress Defense実験※2を開始します>
  • 実験に向けた準備を3月20日、22日、4月2日、3日に実施しました。
    準備は4月4日にも行い、4月5日から実験を開始する予定です。
    本実験は、生体防御遺伝子を制御する転写因子Nrf2に注目し、マウス飼育により宇宙ストレスがNrf2活性に与える影響を調べることで、宇宙環境におけるリスク軽減にNrf2誘導剤が有効であることを実証します。
    本実験の成果は、発がんや骨粗鬆症などに代表される地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服への応用が期待されます。

    ※2 宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(代表研究者:山本雅之 東北大学教授)


【船内利用】
ELF※3を使用した実験を実施しました>


【スペシャルトピックス】
<CATS※4の移設作業を実施しました>
  • 「きぼう」のロボットア―ムにより、「きぼう」船外実験プラットフォ―ムに取り付けられているNASAの観測装置CATSの設置ポ-トを移設する作業を3月27日に実施しました。
    「きぼう」は他国の実験にも活用されています。
  • ※4 NASAの観測装置(Cloud-Aerosol Transport System:CATS)


<MISSE※5の船外搬出準備を行います>
  • 「きぼう」エアロックを使用して、NASAの材料曝露実験装置MISSEを船外に搬出するための準備作業を4月13日に行う予定です。
    「きぼう」は他国の実験にも活用されています。
  • ※5 NASAの材料曝露実験装置(Materials ISS Experiment:MISSE)


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2018年3月22日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 189KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 194KB]

【新薬設計支援プラットフォーム】
JAXA PCG実験※1を開始します>
  • 第3期第2回目(第14回目)の実験に向けた準備中。実験開始は3月24日の予定です。
    実験試料サンプルは、ソユーズ宇宙船(54S)で国際宇宙ステーション(ISS)へ輸送し、軌道上で結晶化を行います。

    ※1 高品質タンパク質結晶生成実験


【加齢研究支援プラットフォーム】
<Mouse Stress Defense実験※2の準備をしています>
  • 実験に向けた準備を3月16日に実施しました。準備は3月20日にも実施する予定です。
    本実験は、生体防御遺伝子を制御する転写因子Nrf2に注目し、マウス飼育により宇宙ストレスがNrf2活性に与える影響を調べることで、宇宙環境におけるリスク軽減にNrf2誘導剤が有効であることを実証します。
    本実験の成果は、発がんや骨粗鬆症などに代表される地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服への応用が期待されます。

    ※2 宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(代表研究者:山本雅之 東北大学教授)


【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Two-Phase Flow実験※3を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。実験装置には金属伝熱管と透明伝熱管の二つの加熱部テストセクションがあり、それぞれの特性に応じた実験を行うことができます。
    本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※3 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)



継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2018年3月 7日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 145KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 189KB]

【加齢研究支援プラットフォーム】
<Mouse Stress Defense実験※1の準備をしています>
  • 実験に向けた準備を2月21日、22日に実施しました。準備は3月15日、16日にも実施する予定です。
    本実験は、生体防御遺伝子を制御する転写因子Nrf2に注目し、マウス飼育により宇宙ストレスがNrf2活性に与える影響を調べることで、宇宙環境におけるリスク軽減にNrf2誘導剤が有効であることを実証します。
    本実験の成果は、発がんや骨粗鬆症などに代表される地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服への応用が期待されます。

    ※1 宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(代表研究者:山本雅之 東北大学教授)


【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Two-Phase Flow実験※2を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。実験装置には金属伝熱管と透明伝熱管の二つの加熱部テストセクションがあり、それぞれの特性に応じた実験を行うことができます。
    本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※2 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)



継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2018年2月21日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 195KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 142KB]

【加齢研究支援プラットフォーム】
<Mouse Stress Defense実験※1の準備をしています>
  • 実験に向けた準備を2月13日に実施しました。準備は2月21日、22日にも実施する予定です。
    本実験は、生体防御遺伝子を制御する転写因子Nrf2に注目し、マウス飼育により宇宙ストレスがNrf2活性に与える影響を調べることで、宇宙環境におけるリスク軽減にNrf2誘導剤が有効であることを実証します。
    本実験の成果は、発がんや骨粗鬆症などに代表される地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服への応用が期待されます。

    ※1 宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(代表研究者:山本雅之 東北大学教授)


【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Two-Phase Flow実験※2を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。実験装置には金属伝熱管と透明伝熱管の二つの加熱部テストセクションがあり、それぞれの特性に応じた実験を行うことができます。
    本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※2 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)


【スペシャルトピックス】
<Asian Try Zero-G 2018を実施しました>
  • アジアの学生たちのアイデアで作る宇宙実験"Asian Try Zero-G 2018"を、金井宇宙飛行士が、2月13日に「きぼう」船内実験室で実施しました。
    アジア各国や日本の学生が提案した160を超えるアイデアの中から厳選された8つの実験で、筑波宇宙センター(TKSC)では、提案した学生たちが、実験の様子を見守りました。
    アジア学生実験"AsianTryZero-G 2018"を実施


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2018年2月 7日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 194KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 189KB]

【加齢研究支援プラットフォーム】
<Mouse Stress Defense実験※1の準備をしています>
  • 実験に向けた準備を1月31日、2月2日に実施しました。準備は2月16日にも実施する予定です。
    本実験は、生体防御遺伝子を制御する転写因子Nrf2に注目し、マウス飼育により宇宙ストレスがNrf2活性に与える影響を調べることで、宇宙環境におけるリスク軽減にNrf2誘導剤が有効であることを実証します。
    本実験の成果は、発がんや骨粗鬆症などに代表される地上での高齢化・高ストレス社会の課題克服への応用が期待されます。

    ※1 宇宙ストレスにおける環境応答型転写因子の役割(代表研究者:山本雅之 東北大学教授)


【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Two-Phase Flow実験※2を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。実験装置には金属伝熱管と透明伝熱管の二つの加熱部テストセクションがあり、それぞれの特性に応じた実験を行うことができます。
    本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※2 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2018年1月24日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 147KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 186KB]

【新薬設計支援プラットフォーム】
LTPCG実験※1を終了しました>
  • 第2回目の実験を1月12日に終了しました。
    実験試料サンプルは、ドラゴン補給船運用13号機(SpX-13)で1月14日に地上へ回収されました。
    実験開始トピックス
  • ※1 高品質タンパク質結晶生成実験


【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Two-Phase Flow実験※2を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。実験装置には金属伝熱管と透明伝熱管の二つの加熱部テストセクションがあり、それぞれの特性に応じた実験を行うことができます。
    本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※2 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)

<Area PADLES※3を継続実施中です>
  • 計測を終了したArea PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)は、SpX-13で1月14日に地上へ回収されました。
  • ※3 「きぼう」船内の宇宙放射線計測


【スペシャルトピックス】
<「きぼう」エアロックでMBSU※4の船内回収を行います>
  • 利用実験ではありませんが、国際宇宙ステーション(ISS)本体への運用支援として、ISSのMBSUを修理するため、「きぼう」エアロック経由で船内に回収する作業を2月4日に行う予定です。
    「きぼう」は利用実験以外でも活用されています。
  • ※4 ISSの電力切替装置(Main Bus Switching Unit: MBSU)


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2018年1月11日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 162KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 142KB]

【新薬設計支援プラットフォーム】
LTPCG実験※1を実施しています>
  • 第2回目の実験を12月20日に開始し、1月12日に終了予定です。
    実験試料サンプルはドラゴン補給船運用13号機(SpX-13)で地上へ回収する予定です。
    実験開始トピックス
  • ※1 高品質タンパク質結晶生成実験


【加齢研究支援プラットフォーム】
Zebrafish Muscle2実験※2を終了しました>
  • 12月18日に開始した実験は、12月22日に終了しました。
    本実験は、ゼブラフィッシュの軌道上飼育により、筋萎縮の原因となる遺伝子を絞り込むことで宇宙滞在における筋萎縮のメカニズムの解明につなげるとともに、地上における加齢・疾病による筋萎縮への医学応用が期待されます。
    実験終了トピックス
  • ※2 ゼブラフィッシュによる筋萎縮原因の解明(代表研究者:瀬原淳子 京都大学教授)

Amyloid実験※3を実施しています>
  • 12月27日から1月5日にかけて第1回目の実験を実施しました。
    本実験は、微小重力環境で高品質なアミロイド線維を形成し、地上に回収して解析することで、アミロイド線維の詳細構造および線維形成機構を明らかにし、アミロイド線維が関わるアルツハイマー病や糖尿病などの神経変性疾患の発症機構を解明することを目指します。
    実験開始トピックス
    実験終了トピックス
  • ※3 微小重力環境下でのアミロイド線維形成と性状評価
    (代表研究者:加藤晃一 自然科学研究機構)


【船外ポート利用プラットフォーム】
<NREP※4の搭載装置交換を実施しました>
  • 12月21日に「きぼう」エアロック経由でNREPを船内に回収し、1月4日に搭載装置の交換を行いました。
    1月10日に「きぼう」エアロック経由でNREPを船外に搬出し、「きぼう」船外実験プラットフォームに設置しました。
  • ※4 米国NanoRacks社の船外プラットフォーム


【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Two-Phase Flow実験※5を実施しています>
  • 引き続き実験を行っています。
    本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。実験装置には金属伝熱管と透明伝熱管の二つの加熱部テストセクションがあり、それぞれの特性に応じた実験を行うことができます。
    本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※5 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)

<Area PADLES※6を継続実施中です>
  • 12月21日に、ソユーズ宇宙船(53S)で輸送された新しいArea PADLES(受動積算型宇宙放射線線量計)を「きぼう」船内に取り付ける作業を行いました。
    計測を終了したArea PADLESを1月9日に取り外しました。取り外したArea PADLESはSpX-13で地上へ回収する予定です。
  • ※6 「きぼう」船内の宇宙放射線計測


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則隔週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。


<< 前のページへ | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約