サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

利用状況と今後の予定

これまで公開した「きぼう」の利用状況や予定をまとめています。

2015年7月29日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 86KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 126KB]

 【船内利用】
  • Soret Facet実験※1を7月14~15日、21~22日、27~28日に行いました。
  • ※1 その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)

  • JAXA PCG実験※2(第2期第3回)を7月24日に開始しました。実験サンプルは油井宇宙飛行士が搭乗したソユーズTMA-17M宇宙船(43S)で「きぼう」に運ばれました。9月上旬頃までサンプルの結晶成長を行います。
  • ※2 高品質タンパク質結晶生成実験

  • Plant Rotation実験※3(3回目)を7月28日に開始し、8月7日まで行います。
  • ※3 植物における回旋転頭運動の重力応答依存性の検証(代表提案者:高橋秀幸 東北大学 大学院 生命科学研究科教授)

  • 宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)の到着に向けた準備作業を7月31日、8月3日、4日に行います。
  • Microbe-4実験※4(2回目)を8月7日に実施します。
  • ※4 宇宙居住の安全・安心を保証する「きぼう」船内における微生物モニタリング(代表提案者:那須正夫 大阪大学大学院)

 【船外利用】
  • 米国の超小型衛星(NRCSD#5)を7月13~16日にかけて放出しました。放出後作業を7月21日に行いました。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2015年7月15日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 86KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 120KB]

 【船内利用】
  • Soret Facet実験※1を7月6~7日、7~8日、8~9日に行いました。実験は、7月14~15日、21~22日にも行います。
  • ※1 その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)

  • Space Aging実験※2実験後作業を7月9日に行いました。
  • ※2 宇宙環境における線虫の老化研究(代表提案者:本田陽子 東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム)

  • JAXA PCG実験※3(第2期第3回)を7月24日に開始します。
  • ※3 高品質タンパク質結晶生成実験

 【船外利用】
  • 宇宙環境計測ミッション装置(SEDA-AP)の移設作業を7月10日に行いました。SEDA-APは、「きぼう」の船外実験プラットフォーム装置交換機構の9番から11番に移設されました。
  • 米国の超小型衛星放出(NRCSD#5)のための準備作業を7月9日、10日、11日に行いました。7月13~16日にかけて超小型衛星を放出します。放出後作業を7月21日に行います。

継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2015年7月 8日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 89KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 124KB]

 【船内利用】
  • Soret Facet実験※1を6月29~30日、30日~7月1日、7月6~7日、7~8日に行いました。実験は、7月8~9日、14~15日にも行います。
  • ※1 その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)

  • Space Aging実験※2実験後作業を6月29日に行いました。作業は7月10日にも行います。
  • ※2 宇宙環境における線虫の老化研究(代表提案者:本田陽子 東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム)

  • Plant Gravity Sensing実験※3(2回目)準備作業を6月30日に行いました。
  • ※3 植物細胞の重力受容の形成とその分子機構の研究(代表研究者:辰巳仁史 金沢工業大学 応用バイオ学科 教授)

  • 宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)の到着に向けた準備として、「きぼう」のロボットアーム関連作業(コンソール等の機能確認)を7月1日、3日に行いました。

 【船外利用】
継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2015年7月 1日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 80KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 126KB]

 【船内利用】
  • Soret Facet実験※1を6月22~23日、6月23~24日、24~25日、25~26日、29~30日、30日~7月1日に行いました。
  • ※1 その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)

  • Space Aging実験※2後作業を6月29日に行いました。
  • ※2 宇宙環境における線虫の老化研究(代表提案者:本田陽子 東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム)

  • 宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機(HTV5)の到着に向けた準備として、「きぼう」のロボットアーム関連作業(コンソール等の機能確認)を7月1日、3日に行います。
  • Plant Gravity Sensing実験※3(2回目)準備作業を6月30日に行いました。実験は、7月8日から開始します。
  • ※3 植物細胞の重力受容の形成とその分子機構の研究(代表研究者:辰巳仁史 名古屋大学大学院 医学系研究科 准教授)

 【船外利用】
継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2015年6月24日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 79KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 122KB]

 【船内利用】
  • Soret Facet実験※1を6月15~16日、16~17日、22~23日に行いました。実験は、6月23~24日、24~25日、25~26日、29~30日、30日~7月1日にも行います。
  • ※1 その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)

  • Stem Cells実験※2関連作業を7月2日に行います。
  • ※2 ES細胞を用いた宇宙環境が生殖細胞に及ぼす影響の研究(代表研究者:森田隆 大阪市立大学教授)

  • Cell Mechanosensing実験※3(3回目)を7月2日に開始します。
  • ※3 無重力ストレスの化学的シグナルへの変換機構の解明(代表研究者:曽我部正博 名古屋大学大学院医学系研究科 特任教授)


 【船外利用】
継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2015年6月17日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 83KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 118KB]

 【船内利用】
  • 「きぼう」曝露部用のPADLES線量計を用いた「きぼう」船外の宇宙放射線環境モニタリング(Free-Space PADLES)を6月15日まで実施しました。PADLES線量計は6月17日に船内に回収予定です。
  • Space Aging実験※1が6月9日に終了しました。
  • ※1 宇宙環境における線虫の老化研究(代表提案者:本田陽子 東京都健康長寿医療センター研究所)

  • Soret Facet実験※2を6月8~9日、9~10日、15~16日に行いました。実験は6月16~17日、22~23日、23~24日、24~25日にも行います。
  • ※2 Soret Facet:その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)


継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2015年6月10日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 84KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 122KB]

 【船内利用】
  • ExHAM(簡易曝露実験装置) の船外移設関連作業を5月24日から6月3日の期間で行いました。また、ExHAM搭載曝露ミッションと併せて、「きぼう」曝露部用のPADLES線量計を用いた「きぼう」船外の宇宙放射線環境モニタリング(Free-Space PADLES)を6月1日から開始しました。計測は、6月15日まで実施予定です。PADLES線量計は6月17日に船内に回収予定です。
  • Soret Facet実験※1の準備作業として、次に使用する実験用供試体の機能確認作業を6月2~3日に行い、実験を6月8~9日、9~10日に実施しました。実験は、6月15~16日、16~17日にも行います。
  • ※1 Soret Facet:その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)


継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

2015年6月 4日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 70KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 103KB]

 【船内利用】
  • ExHAM(簡易曝露実験装置) の船外移設関連作業を5月24日から6月3日の期間で行っています。ExHAMの「きぼう」船外実験プラットフォームへの設置は5月26日に実施しました。また、ExHAM搭載曝露ミッションと併せて、「きぼう」曝露部用のPADLES線量計を用いた「きぼう」船外の宇宙放射線環境モニタリング(Free-Space PADLES)を6月1日から開始しました。計測は、6月16日まで実施予定です。
  • Dynamic Surf実験※1関連作業を5月25日、27日、28日に行いました。
  • ※1 Dynamic Surf:高プラントル数流体のマランゴニ振動流遷移における液柱界面の動的変形効果の実験的評価(代表提案者:鴨谷康博 ケースウェスタンリザーブ大学 機械・航空宇宙工学部門 教授)

  • Soret Facet実験※2の準備作業として、次に使用する実験用供試体の準備や機能確認作業を5月29日、6月2~3日に行いました。実験は6月8~9日、9~10日に実施します。
  • ※2 Soret Facet:その場観察による溶液中のソーレ効果の解明(代表提案者:鈴木 進補 早稲田大学基幹理工学部機械科学・航空学科教授)

  • Space Aging実験※3およびNematode Muscles実験※4の凍結サンプルを搭載したドラゴン補給船運用6号機(SpX-6)が、5月21日に地球へ帰還しました。凍結サンプルはNASAジョンソン宇宙センター(JSC)に運ばれ、国際輸送を経て、5月29日に筑波宇宙センター(TKSC)へ到着しました。
  • ※3 Space Aging:宇宙環境における線虫の老化研究(代表提案者:本田陽子 東京都健康長寿医療センター研究所)

    ※4 Nematode Muscles:線虫Cエレガンスを用いた微小重力による筋繊維変化の解析(代表提案者:東谷篤志 東北大学大学院生命科学研究科 教授)


継続実施中
 【船内利用】
 【船外利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。


<< 前のページへ | 8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約