サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

インクリメント59/60期間

2019年3月15日 ~ 2019年10月3日

インクリメント59/60キーメッセージ

有人探査に向けた長期滞在技術実証ステージの幕開け
~宇宙探査に貢献する技術データの取得と産業自立化へ向けた利用事業の着実な実行~

インクリメントマネージャ紹介

インクリメントは国際宇宙ステーション(ISS)の運用期間の単位です。インクリメントの利用計画を立て、すべてのミッションを成功に導くためのコーディネータがインクリメントマネージャです。

写真

矢野幸子 インクリメント59/60マネージャ

私はこれまでJAXAにおいて生命科学実験の準備と実施を担当してきました。この度、インクリメントマネージャとして、生命科学実験のみならず「きぼう」船外利用ミッション、宇宙医学、物質材料系実験等、JAXAの全実験を成功に導くことを目指して活動する担当になりました。これまでより広い担当範囲となることに対して緊張感と期待感をもって日々仕事に取り組んでいます。

スペースシャトルの退役後、ロシアのソユーズ宇宙船がISSへの有人輸送を担っていますが、私の担当インクリメントでは、米国企業が新規開発した有人宇宙船の試験飛行が開始され、ISSの利用も有人探査に向けた新ステージに移り変わっていく時期にあります。JAXAは日本独自の水再生システムを開発中です。また、月面や火星表面という低重力環境での現象を再現するため新規実験用遠心機を取り付け可能なインキュベータの開発を進めています。ISSへの補給機のスケジュールに関しては変更が多い状況ですが、地上検証を着実に行い、計画的に宇宙実験の準備を進めていきます。同時に、ISSを経済活動の場にする活動も進展しています。JAXAは超小型衛星放出事業に関して民間の事業者を選定するなど、産業自立化に向けた取り組みを開始しています。私の担当するインクリメントでは超小型衛星放出を含む船外利用ミッションに関してこれまでになく最大の頻度での作業を予定しています。このように「きぼう」利用成果創出のために確実なミッション実現を目指して活動していきます。

利用ミッション(予定)

超小型衛星放出プラットフォーム

船外ポート利用プラットフォーム

新薬設計支援プラットフォーム

  • 高品質タンパク質結晶生成実験
    • 高品質タンパク質結晶生成実験(4℃)第5回【JAXA LT PCG#5】
    • 高品質タンパク質結晶生成実験(ロシア打上げ)第3期 第4回【JAXA PCG#16】
    • 高品質タンパク質結晶生成実験(中温、米国打上げ)第3回【JAXA MT PCG#3】

加齢研究支援プラットフォーム

宇宙医学

新プラットフォーム形成(無容器処理技術を利用した材料研究への貢献)

長期滞在・探査ミッション技術獲得

科学研究促進(生命科学)

科学研究促進(物質・物理科学)

その他

  • 夢☆宇宙米プロジェクト【Kakuda Space Rice】
  • お酒まろやかミッション【Spirits Maturation】

※実施予定の利用ミッションは、「きぼう利用戦略」の具体的取り組みの分類に基づいたマッピング(図1)を基に優先順位を定めています。

図1 インクリメント59/60利用ミッションの「きぼう利用戦略の具体的取り組み」マッピング

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約