サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きぼう」の利用状況と今後の予定

最終更新日:2018年6月20日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 147KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 145KB]

【新薬設計支援プラットフォーム】
MT PCG実験※1の準備を実施しました。>
  • 第2回目の実験開始に向けて6月11日、18日に準備を行いました。
    本実験は、「きぼう」日本実験棟搭載用ポータブル極低温冷凍庫(FROST2) を使用して、20℃で実験試料サンプルを結晶化させる
    実験となります。
    実験試料は、ドラゴン補給船運用15号機(SpX-15)で
    国際宇宙ステーション(ISS)に輸送される予定です。
  • ※1 中温高品質タンパク質結晶生成実験


【船内利用】
  • Multi-Omics実験※2を継続実施中です。
  • ※2 宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の総合評価(代表研究者: 大野博司 理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センター)


【船内利用】
ELF※3を使用した実験を実施しました>
  • 6月6日に静電浮遊炉(ELF)を使用した実験を実施しました。
    本実験は、静電気力で浮かせた物質を加熱して溶かし地上では浮かせることが難しい物質の溶融状態の性質を詳細に調べることが可能です。
  • ※3 静電浮遊炉(Electrostatic Levitation Furnace: ELF)

    【参考】 研究者: 渡邉 匡人 学習院大学理学部物理学科 教授

【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
<Atomization実験※4を継続実施中です。>
  • 本実験は、液体の微粒化に関する概念の妥当性を宇宙実験で検証するものです。水流が分断されて微粒化する様子をハイスピードカメラで撮影します。
  • ※4 落下実験から生まれた新しい微粒化概念の詳細検証(代表研究者: 梅村章 名古屋大学大学院 工学研究科教授)


【スペシャルトピックス:「きぼう」エアロック活用】
<欧州の超小型衛星1機の放出支援>
  • 「きぼう」エアロックを使用して、ヨーロッパの超小型衛星(RemoveDebris)の放出支援準備を6月18日に行いました。 RemDebは、米国NanoRacks社製のKaber小型衛星放出機構(NanoRacks Kaber Microsat Deployer)に搭載され、
    「きぼう」エアロック経由で船外に搬出された後、 「デクスター」(特殊目的ロボットアーム)により 6月20日に放出される予定です。

継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
【船内利用】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約