サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

「きぼう」の利用状況と今後の予定

最終更新日:2017年12月 6日

※日付は日本時間

先週の実績 [PDF: 194KB] と 今週・来週の予定 [PDF: 192KB]

【新薬設計支援プラットフォーム】
<JAXA PCG実験※1を終了します>
<LT PCG実験※2の準備を行っています>
  • 第2回目の実験に向けて準備を進めています。
    実験試料サンプルは、ドラゴン補給船運用13号機(SpX-13)で国際宇宙ステーション(ISS)へ輸送し、「きぼう」搭載用ポータブル極低温冷凍庫(FROST2)を使用して、軌道上で4℃での結晶化を行った後、SpX-13で地上へ回収する予定です。
  • ※2 低温高品質タンパク質結晶生成実験


【加齢研究支援プラットフォーム】
<Zebrafish Muscle2実験※3の準備を行っています>
  • 実験に向けて準備を進めています。
    本実験は、ゼブラフィッシュの軌道上飼育により、筋萎縮の原因となる遺伝子を絞り込むことで宇宙滞在における筋萎縮のメカニズムの解明につなげるとともに、地上における加齢・疾病による筋萎縮への医学応用が期待されます。
  • ※3 ゼブラフィッシュによる筋萎縮原因の解明(代表研究者:瀬原淳子 京都大学教授)


【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】
Two-Phase Flow実験※4を実施しています>
  • 金属伝熱管実験(第1回)のRun3※5~Run9を11月22日から12月8日にかけて実施しています。第1回は9つの区切りで実験が実施されます。
    (11月22日から23日にRun3、23日から24日にRun4、26日から27日にRun5、30日から12月1日にRun6、3日から4日にRun7、5日から6日にRun8、12月7日から8日にRun9)。
    本実験は、微小重力環境で液体を沸騰させ、熱の伝わりやすさを調べることを目的としています。本実験の成果は、宇宙機を冷却するための将来技術として活用されるとともに、地上においても電気自動車のモーターや電力機器の冷却に応用されることが期待されます。
  • ※4 沸騰・二相流体ループを用いた気液界面形成と熱伝達特性
    (代表研究者:大田治彦 九州大学教授)

    ※5 実験期間の区切り


継続実施中
 【加齢研究支援プラットフォーム】
 【船外ポート利用プラットフォーム】
 【物質・物理科学分野、生命科学分野、他】

 「きぼう」利用に関する週間予定を、原則毎週に更新しております。
なお、作業スケジュールは、変わる可能性があります。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約