サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 第6回実験 搭載タンパク質の募集について

最終更新日:2012年7月21日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟の船内実験室を利用して実施する「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」の第6回実験に搭載するタンパク質を募集します。

募集は終了いたしました。

実験の概要

これまでJAXAが平成15年から平成20年に、ISSのロシアサービスモジュールを利用し技術の蓄積を行ってきた、高品質タンパク質結晶生成技術を適用し、タンパク質結晶生成宇宙実験を実施します。

宇宙実験機会は平成21年から平成24年までの3年間に半年毎に計6回の実施を予定しており、「きぼう」の実験装置を利用し実験を行います。また、JAXA PCGは、ロシアおよびマレーシアとの国際協力も行っています。

JAXA PCGの目的は、以下のとおりです。

  1. 社会的にインパクトがあり重要な成果に繋がるタンパク質を対象に宇宙実験を継続して、「きぼう」での成果の創出を図る。
  2. 今後の宇宙環境を利用したタンパク質結晶化実験に不可欠な技術開発を対象とし、宇宙実験での検証を含む技術開発を実施する。
  3. これまで実証してきたビジネスモデルを基に、民間企業等による利用の拡大を図る。

第6回実験の概要は以下のとおりです。

JAXA PCG 第6回実験
打上げ 打上げ予定 平成24年12月26日
打上げ射場 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
輸送船 プログレス補給船
結晶生成実験 結晶化場所 ISS内 「きぼう」
タンパク質結晶生成装置(Protein Crystallization Research Facility: PCRF)
飛行期間 12週間
搭載容器 高品質タンパク質結晶生成用セルユニット 2式
(96サンプル(1サンプル当りキャピラリ3本))
結晶化方法 カウンターディフュージョン法
回収 帰還予定 平成25年3月19日
着陸地点 カザフスタン共和国
帰還船 ソユーズ宇宙船

募集の対象

○重点利用

重点利用では、同一のタンパク質で、複数の実験機会を利用した提案が可能です。選定時にその意義も含めて、JAXAの評価委員会で判断し決定いたします。

◆社会ニーズにつながる成果創出タンパク質

「きぼう」を利用した社会的な問題の解決につながる成果の創出を目的とし、以下の課題に関連するタンパク質を対象(※)とします。

  • 画期的な医薬品の開発につながるタンパク質
  • 難病治療薬、オーファンドラッグ、感染症薬の開発につながるタンパク質
  • 廃棄物の分解にかかわる酵素の開発につながるタンパク質
  • エネルギー生産にかかわる酵素の開発につながるタンパク質

※現在のJAXA PCG計画においては、今回(第6回)実験が最後の機会となるため、このカテゴリーには、これまでに継続利用で採択されたタンパク質試料、あるいは、JAXA PCG第1回から第5回までの宇宙実験のいずれかで採択されたタンパク質試料のみご応募が可能です。

◆先端的な技術開発に貢献するタンパク質

宇宙実験での結晶生成技術の開発を目的とし、以下の技術領域に関連するタンパク質を対象とします。

  • 膜タンパク質の結晶生成技術
  • 化合物-タンパク質複合体の結晶生成技術
  • 超大型分子タンパク質の結晶生成技術
○先導利用

これまでJAXAが蓄積してきた宇宙実験に関連する各種技術を適用し、「きぼう」での成果創出を目的とし、産業への応用や科学技術への寄与が期待できる、様々な分野の新たなタンパク質を対象とします。

尚、実験成果を占有することを希望される場合には、別途実施しております、「きぼう」の商業利用(有償利用)事業において、利用経費をお支払い頂くことにより利用が可能です。

詳細は、以下のホームページを参照下さい。

商業利用(有償利用)とは

応募資格

  • 提案者は、日本の企業・大学・公的研究機関等に所属する者もしくは個人であること。
  • JAXAとの間で利用契約(共同研究契約)の締結が可能であること。

募集締切り

平成24年7月20日(金) 17時まで

募集要領・提出書類

募集要領の詳細は以下をご覧ください。

募集要領 [ PDF: 955KB ]

提出書類は以下からダウンロードください。

提出書類
重点利用 社会ニーズにつながる成果創出タンパク質 [ Excel: 157KB ]
重点利用 先端的な技術開発に貢献するタンパク質 [ Excel: 157KB ]
先導利用 [ Excel: 157KB ]

搭載候補決定の連絡

平成24年7月30日以降に各提案者に電子メールにて内示の連絡をいたします。
正式決定については、JAXA内の手続きが済み次第(平成24年8月上旬頃の見込み)、書面にて通知いたします。

その他(契約書等)

共同研究契約書のひな型は以下からダウンロードください。

共同研究契約書(ひな型) 経費なし [ Word: 135KB ]
共同研究契約書(ひな型) 経費あり [ Word: 153KB ]

応募にあたり、秘密保持契約が必要な場合には、個別に問い合わせ願います。

秘密保持契約書(案) [ Word: 42KB ]

書類提出先・問合せ先

提出書類は、電子メールに添付し、下記アドレスまで送付ください。

E-mail: Z-crystal@jaxa.jp
(独)宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター
  高品質タンパク質結晶生成実験 募集担当 宛

参考(過去の実験結果等)

JAXAがロシアサービスモジュールを利用し、これまで実施してきたタンパク質結晶生成実験の結果や、使用した実験装置については、以下をご覧ください。

タンパク質結晶生成実験計画
高品質タンパク質結晶生成装置
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約