サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

「きぼう」日本実験棟船内実験室第2期利用テーマの追加募集について(募集は終了しました)

最終更新日:2011年7月 8日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟船内実験室の第2期利用期間後半(2012年度後半~2013年度)における科学実験テーマの追加募集を、下記のとおり実施しますのでお知らせいたします。
今回の募集は、これまでの約3年間にわたる「きぼう」の実運用経験を踏まえ、実験と実験の間に生じる「小規模な実験機会」を最大限活用することを目的にしています。実験の内容は、準備期間が短く、短期間の実験期間で成果が得られるものとなり、クルー(ISSの宇宙飛行士)の作業時間や打上げ物品の重量が比較的小さいなどの制約がありますが、より多くの方に貴重な「きぼう」利用機会提供の幅を拡げるものとして、チャレンジングなテーマの応募をお待ちしております。

募集は終了いたしました。

募集の概要

応募受付期間

平成23年8月1日(月)~平成23年8月31日(水)
(郵送の場合は締切当日消印有効。持参または電子メールによる場合は、締切日の午後5時までに必着のこと)

募集の概要

(a) 対象時期:2012年度後半から2013年度頃まで。

(b) 利用分野:

  • 「きぼう」船内実験室を利用する科学研究および、関連技術開発
  • 宇宙飛行士を被験者とする医学研究

(c) 募集条件:

  • 短期間での実験準備が可能であること。
  • 費用、打上げ重量、クルーによる作業時間が少ないこと。
  • 原則として、サンプルの回収が不要であるもの(データはISSから受信する)。

なお、応募要領等、詳細につきましては募集要項(全ページ[PDF 478KB]、応募申込書[ZIP(Word) 113KB])をご覧ください。また、船内実験室利用の概要については、「きぼう」船内実験室利用ハンドブック[PDF 5.5MB]、「きぼう」の第2期利用の分野ごとの方向性などについては、「きぼう」第2期利用の方向性[PDF 305KB]に記載してありますので、応募に当たっての参考としてください。

※募集要項、参考資料
※お問い合わせ・応募書類送付先

本募集内容、及び船内実験室利用に関して、不明な点やご質問等ございましたら下記までお問合せください。

財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
「きぼう」船内実験室利用テーマ 募集係
E-mail: kiboexp_2k11@jsforum.or.jp
(平成23年7月29日(金)まで) 〒100-0004 東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル7階 TEL:03-5200-1303、FAX:03-5200-1421 (平成23年8月1日(月)から) 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-3-1 新御茶ノ水アーバントリニティビル TEL:03-6206-4903、FAX:03-5296-7010

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約