サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

2009年国際公募 ライフサイエンスおよび宇宙医学分野の国際宇宙ステーション利用実験テーマ募集の実施について(募集は終了しました)

最終更新日:2009年5月14日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、「きぼう」日本実験棟とその施設では実施が困難な生命科学実験やヒトを対象とする実験機会を実現するため、2009年度に実施されるライフサイエンス国際公募に参加し、2011~14年頃に国際宇宙ステーションを利用するヒトを対象とする実験を含む生命科学の宇宙実験候補テーマを募集します。

募集は終了いたしました。
選定は4月以降の見込みです。

募集の概要

仮申込受付期間

応募書類を提出する前に仮申込が必要となります。

平成21年5月14日(木)~平成21年6月12日(金)消印有効

応募書類受付期間

応募書類は国内でJAXAがとりまとめ、国際事務局に提出します。

平成21年5月14日(木)~平成21年9月11日(金)消印有効

募集の概要

今回の募集は、2011~14年頃に国際宇宙ステーションの他国の実験装置の利用機会を最大限に活用できる、ヒトを対象とする実験を含む生命科学とその関連技術に関するテーマを選定することを目的としています。

(a) 対象時期:
本募集により選定されたあと、2~4年以内に実施するテーマを対象とします。(2011-14年頃)

(b) 募集対象装置等:

  • 本公募に参加している米国航空宇宙局(NASA)、欧州宇宙機関(ESA)、カナダ宇宙庁(CSA)、ドイツ航空宇宙センター (DLR)、イタリア宇宙機関(ASI)が提供し利用可能な実験装置
  • ヒトを対象としたテーマ

なお、我が国が「きぼう」船内に整備している装置等を利用する実験テーマは、別途並行して実施している「きぼう」船内実験室第2期利用後半期間に向けた候補テーマ募集」に応募して下さい。詳細は、第2期利用後半期間候補テーマ募集の募集要項で確認して下さい。

また、構造解析を目的とした高品質タンパク質結晶生成に関する実験テーマについても、別途、定期的にテーマ募集をする計画です。そちらへの応募を推奨します。

(c) 想定分野:
上記の装置を最大限に活用する生命科学分野と関連する技術開発が想定されます。特に下記の示すような成果が期待される提案を募集します。

  • 科学の発展・進歩に寄与し世界をリードする成果が期待されるテーマ
  • 将来の長期宇宙滞在に貢献する基礎的な科学研究テーマ
  • 科学的成果を発展させ地上社会の様々な活動に貢献することが期待されるテーマ

なお、応募要領等、詳細につきましては募集要項(全ページ[PDF 319KB]、仮申込書[Word 32KB]、応募申込書(国際書式[Word 101KB]、国内書式[Word 49KB]))をご覧ください。また、装置の概要については、"SPACE LIFE SCIENCES FLIGHT EXPERIMENTS INFORMATION PACKAGE 2009"(全ページ[PDF 688KB])に記載されている各国のWEBページを参照してください。

※募集要項、参考資料

選定方法

今回応募された提案については、国際公募参加国が運営する、国際科学評価パネル、国際技術評価パネルでの評価を経て国際調整を行うとともに、JAXA理事長の外部諮問委員会である「国際宇宙ステーション・きぼう利用推進委員会」およびその下に設置する「与圧部分科会」において日本の候補案をまとめ、最終選定を2010年4月頃に行います。
(国際調整等の日程の都合により、当初の2月頃の選定時期が遅れる見込みです。)

※お問い合わせ・応募書類送付先

本募集内容に関して、不明な点やご質問等ございましたら下記までお問合せください。

財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
ライフサイエンス国際公募募集係
E-mail: life@jsforum.or.jp
〒100-0004
東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル7階

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約