サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

画像:「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 2017B期 搭載候補タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】へリンク

「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 2017B期 搭載候補タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】(2017年12月14日)

「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」プロジェクトは、JAXAがこれまでに獲得・蓄積してきた結晶生成技術を適用し、ISS「きぼう」日本実験棟において高品質なタンパク質結晶を生成し、成果を社会に還元することを目的としています。本募集では2018年度夏季以降に搭載するタンパク質を募集します。

画像:「きぼう」日本実験棟初の燃焼実験装置「GCEM」が、日本燃焼学会から表彰されました!へリンク

「きぼう」日本実験棟初の燃焼実験装置「GCEM」が、日本燃焼学会から表彰されました!(2017年12月12日)

日本燃焼学会が主催する、第55回燃焼シンポジウムにて、「きぼう」搭載用(宇宙実験用)の燃焼実験装置の開発功績が評価され、平成29年度日本燃焼学会表彰として技術賞を受賞しました。

画像:トルコの材料曝露実験サンプルが日本に引き渡されました! ~来年春に「きぼう」で船外実験開始予定!~へリンク

トルコの材料曝露実験サンプルが日本に引き渡されました! ~来年春に「きぼう」で船外実験開始予定!~(2017年11月22日)

2017年11月21日、トルコの材料曝露実験サンプルがJAXA筑波宇宙センター(TKSC)において、関係者が見守る中、JAXAに引き渡されました。今後、国際宇宙ステーション(ISS)への輸送準備を行います。

画像:シンガポール共和国の「きぼう」利用が始まります ~シンガポール宇宙技術協会(SSTA)とJAXAが、「きぼう」からの超小型衛星放出利用の契約を締結~へリンク

シンガポール共和国の「きぼう」利用が始まります ~シンガポール宇宙技術協会(SSTA)とJAXAが、「きぼう」からの超小型衛星放出利用の契約を締結~(2017年11月17日)

2017年11月15日、シンガポール宇宙技術協会(SSTA)とJAXAの間で、「きぼう」からの超小型衛星放出利用契約の調印が行われました。今回の契約は、シンガポール国立大学が開発する3Uサイズの超小型衛星を、SSTAを通じてJAXAが「きぼう」から放出するものです。

画像:MAXIサイエンスニュース062号を掲載しましたへリンク

MAXIサイエンスニュース062号を掲載しました(2017年11月14日)

MAXIサイエンスニュース062号を掲載しました。062号では、MAXI新星 MAXI J1807+132 を発見、正体は中性子星と国際観測網で解明!についてご紹介します。

画像:宇宙からの直接観測で3テラ電子ボルトまでの高精度電子識別に初めて成功 国際宇宙ステーション搭載の宇宙線電子望遠鏡(CALET)による電子スペクトル測定へリンク

宇宙からの直接観測で3テラ電子ボルトまでの高精度電子識別に初めて成功 国際宇宙ステーション搭載の宇宙線電子望遠鏡(CALET)による電子スペクトル測定(2017年11月 2日)

早稲田大学とJAXA及びイタリア、米国の国際共同研究グループは、ISS・「きぼう」の船外実験プラットフォームに搭載された高エネルギー電子・ガンマ線観測装置(CALET)で、これまで困難であったテラ電子ボルト領域において、3テラ電子ボルトまでの高精度エネルギースペクトルの測定に成功しました。

<< 前のページへ> | 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約