サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

新着情報

画像:「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 第2期実験シリーズ 後期(2015-2017年度) 搭載タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】 【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】へリンク

「きぼう」利用高品質タンパク質結晶生成実験 第2期実験シリーズ 後期(2015-2017年度) 搭載タンパク質の募集について【基盤研究利用コース】 【日本国内の大学・公的研究機関に所属している方】(2015年7月21日)

国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟を利用して実施する「高品質タンパク質結晶生成実験(JAXA PCG)」第2期実験シリーズ後期(2015-2017年度)に搭載するタンパク質を募集します。

画像:「きぼう」船外の宇宙放射線環境モニタリング『Free-Space PADLES』実験が終了しましたへリンク

「きぼう」船外の宇宙放射線環境モニタリング『Free-Space PADLES』実験が終了しました(2015年6月22日)

2015年6月1日から開始された、「きぼう」曝露部親アーム先端取付型実験プラットフォームでの宇宙放射線被ばく線量計測「Free-Space PADLES」実験が終了しました。

画像:「きぼう」利用フィジビリティスタディテーマの募集についてへリンク

「きぼう」利用フィジビリティスタディテーマの募集について(2015年6月 8日)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟の船内環境を利用する実験テーマ(フィジビリティスタディテーマ)を募集いたします。

画像:我が国独自の線量計で、「きぼう」船外で初めて宇宙放射線環境モニタリング実験を開始(Free-Space PADLES実験)へリンク

我が国独自の線量計で、「きぼう」船外で初めて宇宙放射線環境モニタリング実験を開始(Free-Space PADLES実験)(2015年6月 3日)

「きぼう」船外の宇宙放射線環境を実測する「Free-Space PADLES」実験が、2015年6月1日よりはじまりました。

画像:簡易曝露実験装置(ExHAM)を利用した第1回目の実験を開始へリンク

簡易曝露実験装置(ExHAM)を利用した第1回目の実験を開始(2015年5月28日)

2015年5月26日、JAXAの新たな実験装置である簡易曝露実験装置(ExHAM)を利用した第1回目の実験を開始しました。

画像:「きぼう」日本実験棟で、線虫を用いた科学実験『宇宙環境における線虫の老化研究(Space Aging)』の実験が開始されましたへリンク

「きぼう」日本実験棟で、線虫を用いた科学実験『宇宙環境における線虫の老化研究(Space Aging)』の実験が開始されました(2015年4月28日)

「きぼう」日本実験棟において、生命科学分野『宇宙環境における線虫の老化研究(Space Aging)』(代表提案者:本田陽子 東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 健康長寿ゲノム探索グループ)の実験が開始されました。

<< 前のページへ> | 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約