サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

平成27年度選定「きぼう」利用フィジビリティスタディ(FS)テーマ「新規な質量分析イメージングによる筋・骨格系疾患の発症機構解明」のFSの成果が論文に掲載されました

最終更新日:2019年5月17日

東京農工大学 宮浦千里教授、稲田全規准教授らの提案による「きぼう」日本実験棟の利用に向けたフィジビリティスタディ(FS)テーマ「新規な質量分析イメージングによる筋・骨格系疾患の発症機構解明の研究」において、宇宙と地上の重力を変化させた環境でマウスの飼育を行いました。その結果、宇宙や地上に関わらず、異なる重力下での生活運動が筋と骨の量的制御に関わり、筋・骨量の増加への適切な重力負荷量の一端が明らかになりました。本研究成果は、英国の科学学術誌Scientific Reports誌に掲載されました。これらの成果は、超高齢社会の解決課題であるロコモティブシンドロームの予防・治療法の開発へつながることが期待されます。

詳細は以下のサイトをご覧ください。

【参考】

東京農工大学プレスリリース
東京農工大学 宮浦・稲田研究室

関連トピックス

平成27年度「きぼう」利用フィジビリティスタディテーマ募集の選定結果について (2015年12月22日)
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約