サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

このエントリーをはてなブックマークに追加

有人宇宙環境訓練設備の利活用に係る民間事業者の企画提案募集について

最終更新日:2019年2月14日

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構有人宇宙技術部門(部門長:若田光一/以下、JAXA)では、筑波宇宙センターに保有している有人宇宙環境訓練設備の維持・保守とその有効活用を実施して頂ける民間事業者を募集するための企画提案募集(RFP)を本日から開始、平成31年3月6日まで提案を受け付けます。

事業者の選定

公募型企画提案に関する詳細は以下をご参照ください。

企画提案要請書(RFP)[PDF: 569KB]
配布資料一式 [PDF: 5.5MB]*2/14 誤記修正をしました。

JAXAでは、有人宇宙活動を実施するに当たって必要となる宇宙飛行士の養成環境として維持している無重量環境試験設備、閉鎖環境適応訓練設備、低圧環境適応訓練設備、複室式再圧設備の設備維持と有効活用事業を約15年間、民間事業者に実施して頂いております。

このたび、現行契約の満了を迎えることから、2019年度~2020年度の2ヵ年にわたって更なる有効活用を図って頂ける民間事業者を募集いたします。 本事業は、民間事業者の皆様に有人設備の維持・保守を実施して頂きつつ、これら設備を有効活用した独自の事業を展開して頂ける企画提案を募集します。

参考情報

有人設備

応募資格要件(企画提案要請書からの抜粋)

応募者は、次の要件をすべて満足する法人を対象といたします。

  1. 日本法に基づき適法かつ有効に設立され、かつ存続する法人であること。
  2. 全省庁統一資格の「役務の提供等」でD等級以上の資格を有している者であること。
  3. 別紙様式1 により、配布資料(2)に基づき契約を締結する意思が表明されていること。
  4. 共同企業体で応募する場合の要件は次のとおり。
    • 共同企業体で応募する場合には、その構成員の中から代表者(代表企業)を選定すること。
    • 共同企業体の代表者は、本業務に係る主契約企業としてJAXAとの連絡・調整等を行うこと。また、他の構成員のマネジメントを行うこと。
    • 共同企業体の構成員は日本法人であること。
    • 共同企業体の構成員が、単体法人又は他の共同企業体により重複して本事業への応募をしていないこと。
    • 共同企業体を構成する法人間において、契約相手方として選定後にその結成及び運営等について協定を締結すること。
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約