サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

第30回宇宙ステーション利用計画ワークショップの開催について

最終更新日:2011年11月17日

募集を締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

宇宙航空研究開発機構では、東日本大震災により開催を延期しておりました「第30回宇宙ステーション利用計画ワークショップ」を下記のとおり開催致します。

国際宇宙ステーション(ISS)は、日本・米国・カナダ・欧州(11カ国)およびロシアが参加する国際的な大型研究施設です。日本はアジア地域からの唯一の参加国として、これまでに、微小重力や宇宙放射線など、ISSならではの環境を用いて、材料科学や生命科学などの科学実験や宇宙飛行士の健康リスク軽減を目的とした宇宙医学実験、創薬に向けた知見を得るタンパク質結晶生成実験などの宇宙実験を進めてきました。また、国際宇宙ステーション計画に参加している米国・欧州・カナダ・ロシアでも、様々な宇宙実験が行われ、その利用成果を受けたこれからの利用計画の検討を進めています。

今回のワークショップでは、日本の「きぼう」の最新の利用状況や利用成果のほか、今後の「きぼう」利用の方向性などについて紹介します。また、米国・欧州・カナダ・ロシアの利用成果や最新の利用計画の紹介を通じて、今後の国際協力ミッション等について議論する予定です。

なお、現在まだお席に若干の余裕がありますので、奮ってご参加ください。

[ライブ中継]

会場にお越しできない皆様にもシンポジウムの模様をご覧頂けるよう、配信協力サイトにてインターネットライブ中継を実施します。

【配信協力サイト】
ニコニコ生放送(別ウィンドウで開きます)

開催概要


日時 2011年12月16日(金)午後1時00分~午後5時30分
場所 日本学術会議講堂(東京都港区六本木7-22-34)
主催 日本学術会議、宇宙航空研究開発機構
(共催:文部科学省)
参加に関して
  • 定員:約300名(参加費無料、事前申込み制)
  • 使用言語:日本語・英語(同時通訳)
  • 参加に関する問合せ先:(株)プライムインターナショナル
    TEL:03-6277-0117
    E-mail:募集終了につき削除いたしました。
    参加申し込み先URL:http://www.prime-pco.com/iss-ws30/index.html
    ※上記サイトにて、11月18日(金)午後1時から参加申込受付を開始します。

第30回宇宙ステーション利用計画ワークショップ プログラム


スケジュール タイトル
13:00-13:05 開会挨拶
立川 敬二 (JAXA理事長)
13:05-13:10 基調挨拶
武市 正人 (日本学術会議副会長)
13:10-13:15 基調挨拶
加藤 善一(文部科学省審議官)
【第1部】「きぼう」利用のこれまでとこれから
司会:上垣内茂樹(JAXA)
13:15-14:20 発表1「日本の利用成果と今後のきぼうの利用シナリオ」
1.「きぼう」利用の今と当面の計画
吉村 善範 (JAXA宇宙環境利用センター)
2.生命科学分野の「きぼう」利用
浅島 誠 (産業技術総合研究所フェロー 兼 幹細胞工学研究センター長、国際宇宙ステーション(ISS)・きぼう利用推進委員長)
3.宇宙医学分野が目指す国際宇宙ステーション(ISS)/「きぼう」の利用
向井 千秋 (JAXA宇宙飛行士・特任参与)
4.物質学分野の「きぼう」利用
壽榮松 宏仁 (東京大学名誉教授)
14:20-14:35 休憩
14:35-15:00 第1部質問コーナー
【第2部】国際宇宙ステーション(ISS)利用のこれまでとこれから
進行:上垣内茂樹(JAXA)
15:00-15:30 基調講演「米国における国際宇宙ステーション(ISS)の10年利用シナリオ」
Recapturing a Future for Space Exploration:
Life and Physical Sciences Research for a New Era
Elizabeth R. Cantwell(米国科学アカデミー/米国国際宇宙ステーション(ISS)利用10年計画策定議長)
15:30-16:20 発表2「各極(各国)の国際宇宙ステーション(ISS)利用計画」
Julie A. Robinson (NASA/JSC、国際宇宙ステーション(ISS)計画サイエンティスト)
Igor V. Sorokin (エネルギア社宇宙ステーション利用センター次長)
Martin U. Zell(ESA、国際宇宙ステーション(ISS)利用/宇宙飛行士支援部長代理)
Perry Johnson-Green(CSA生命科学シニアプログラムサイエンティスト)
Mark Uhran(NASA/HQ有人探査運用局国際宇宙ステーション(ISS)部長)
16:20-16:30 休憩
16:30-16:40 第2部質問コーナー
【第3部】国際宇宙ステーション(ISS)の意義と人類への貢献
モデレート:吉村 善範 (JAXA)
16:40-17:30 全体討論
Elizabeth R. Cantwell
Mark Uhran
浅島 誠
樋口清司(JAXA副理事長)
向井 千秋
17:30 閉会挨拶

注)当日の発表資料はJAXAのホームページに掲載予定です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約