サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

Kibo-ABCニュース:アジアン・トライ・ゼロG 2018の実験テーマ決定

最終更新日:2017年9月 7日

JAXAでは、Kibo-ABC(Asian Beneficial Collaboration through" Kibo" Utilization: きぼうを利用した協力イニシアティブ)の活動の一環として、2017年12月から国際宇宙ステーション(ISS)に滞在予定の金井宇宙飛行士による、アジアン・トライ・ゼロGテーマ募集を2017年2月から2017年4月まで行ってまいりました。募集の結果、アジア7カ国の361名の学生や若手科学者/若手エンジニアから、合計169件の実験テーマ提案が寄せられました。

応募された提案は、2段階の選考過程を経て最終的に「きぼう」で実施される実験テーマとして選定されます。初回の選考では、提案国のKibo-ABCメンバー機関が中心となって審査が行われ、この審査を通過した提案を各国が持ち寄り、最終選考としてKibo-ABCの全メンバーによる審査が行われます。また、最終選考の過程では、JAXAの専門家や日本人宇宙飛行士による、各実験テーマ提案の「きぼう」での実現性の検討も行われます。

油井宇宙飛行士、大西宇宙飛行士、JAXA担当者による実験提案の実現性検討の様子

油井宇宙飛行士、大西宇宙飛行士、JAXA担当者による実験提案の実現性検討の様子(出典:JAXA)

最終選考の結果、以下の8つの実験テーマ提案が採択されました。(12の提案を採択し、このうち類似する提案を統合して8つにまとめています。)

今回のアジアン・トライ・ゼロGでの初の試みとして、日本の高校生が考えた実験テーマも「きぼう」で実施されることになりました。また、これまでのアジアン・トライ・ゼロGでは既にISSにある器具を使って実験を行う必要がありましたが、今回、一部の器具を新たにISSへ打上げることとなったため、より自由な発想の実験テーマを行うことができるようになりました。尚、打上げる実験器具の中には、アジアの実験提案者やその国のKibo-ABCメンバーが検討・製作したものも含まれる予定です。


アジアン・トライ・ゼロG 2018選定実験テーマ

タイトル ジャイロスコープと逆立ちゴマの挙動
シンガポール/フィリピン/ベトナム
実験内容 ジャイロスコープや逆立ちゴマを無重量下で回転させ、一方向に押したときの挙動を観察する。また、オモリを付けて重心位置を変化させたときの挙動の変化を観察する。

(出典:SSTA)

(出典:VAST/STI)

タイトル 重心位置を変化させた飛行機の挙動
シンガポール(2提案統合)
実験内容 飛行機の翼をしずく型にした際の揚力の効果を観察する。 また、主翼の位置を前後に変化させ、その効果を観察する。



(出典:SSTA)

タイトル 回転リングの観察
マレーシア
実験内容 フラフープのように、リングをスティックで回転させ、地上との挙動の違いを観察する。

(出典:ANGKASA)

タイトル 紙ブーメランの軌道
インドネシア/シンガポール
実験内容 無重量下で数種類のブーメランがどのような軌道を描くのか観察する。

(出典:SSTA)

(出典:SSTA)

(出典:LAPAN)

タイトル スリンキー内での重さの違う物体の挙動
タイ
実験内容 スリンキーの中に複数の種類のボールを入れ、スリンキーに振動や遠心力を加えたときに、中のボールがどのように動くのかを観察する。

(出典:NSTDA/GISTDA)

タイトル 水と油による二重球の観察
フィリピン
実験内容 水球の中に油を注入し、二重球が形成できるかどうかを観察する。同様に油の球の中に水を注入した場合の観察を行う。

(出典:DOST-SEI)

タイトル 紙バネの動き
日本
実験内容 紙を螺旋状に切り、紙バネを作る。この紙バネの両端に重りを取り付け、無重量下での紙バネの動きを観察する。

(出典:JAXA)

タイトル 針金ゴマの挙動
日本
実験内容 無重量下でペンチを広げて回転させると、上下が反転するユニークな動きが観察される。この現象を針金ゴマで再現できるか実験する。

(出典:JAXA)

実験テーマは技術調整により変更される場合があります。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約