サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」での実験

文化・人文社会科学利用
(Education Payload Observation: EPO)

最終更新日:2014年01月29日

文化・人文社会科学利用(Education Payload Observation: EPO)

2007年、日本の月周回衛星「かぐや」がハイビジョンカメラでとらえた地球。その幻想的な美しさは、アポロの月面着陸から40年近くたった今、地球がかけがえのない存在であることを改めて私たちに教えてくれました。

地球の写真

出典:JAXA/NASA

「地球は青かった」「そこには国境はなかった」

宇宙に飛び出した人類はこれまでにさまざまな言葉を残し、地球や宇宙に対する新たな視点を得ています。私たちの心を大きく動かす宇宙。この環境を単に物質的な科学分野に利用するだけでなく、芸術表現などを通じて驚きや感動を発見することを目的とした実験が、「EPO -Education Payload Observation-」です。

EPOでは、国際宇宙ステーション(ISS)における「きぼう」日本実験棟を利用し、教育的な活動や文化・人文的な試みによって、「地球人育成」「人類未来の開拓」「宇宙利用による新たな価値の創出」を目指します。未来を見据えた芸術表現を宇宙で試みることは、やがて人類が宇宙で豊かな日々を送るためにも欠かせない活動となるでしょう。

画像:EPOロゴ

EPOロゴマーク(デザイン:福嶋敬恭)
人類と無限の宇宙の関係を表現

宇宙のMuse(女神)が、我々の存在そのものの地球、知の価値を抱擁し、創造する新しい知を未来へ伝えていく意味をデザインしました。

文化・人文社会科学利用パイロットミッション
~世界初、宇宙芸術への挑戦~

人類は太古から星空を見上げ、心動かされ、そして好奇心により進化を遂げてきました。宇宙へと活動を広げた現代も、そこにはまだ多くの‘知’が眠っています。

この環境を追究し、これまで人類が経験したことのない驚きや感動を導くこと。そして人類の英知を広げることが、ISSの目的のひとつといえます。

JAXAでは、宇宙環境の追究や宇宙活動が文化/人文社会科学的にどのような意義を持つのか、長い間議論を重ねてきました。そして、「きぼう」日本実験棟の打上げによって、いよいよ実験を試みる段階となりました。

そこで、宇宙・微小重力といった環境での芸術活動の検証を目的に文化・人文社会科学利用パイロットミッションを募集し、10テーマを選定しました。これらのテーマは2008年から2011年にかけて実施しました。 ≫第1期テーマはこちら

2009年8月~9月には、第2期テーマの募集を行い、応募のあったアイデアの中から、JAXA及び文化・人文社会科学利用パイロットミッション選定委員会にて8テーマを選定しました。 ≫第2期テーマはこちら

第1期テーマ

≫各テーマの詳細はこちら

宇宙モデリング
(代表提案者:米林雄一 東京藝術大学)

ISS宇宙飛行士の‘moon’ score
(代表提案者:野村仁 京都市立芸術大学)

水の球を用いた造形実験
(代表提案者:藤原隆男 京都市立芸術大学)

墨流し水球絵画
(代表提案者:逢坂卓郎 筑波大学)

光るニューロン
(代表提案者:野村仁 京都市立芸術大学)

微小重力の身体と衣服設計に関する基礎実験
―宇宙でのファッショナブルライフ―
(代表提案者:宮永美知代 東京藝術大学)

飛天プロジェクト
(代表提案者:石黒節子 お茶の水女子大学)

Spiral Top
(代表提案者:逢坂卓郎 筑波大学)

宇宙庭
(代表提案者:松井紫朗 京都市立芸術大学)

手に取る宇宙~message in a bottle~
(代表提案者:松井紫朗 京都市立芸術大学)

第2期テーマ

≫各テーマの詳細はこちら

オーロラオーバルSpiral top
(代表提案者:逢坂卓郎 筑波大学)

宇宙で抹茶を点てる
(代表提案者:河口洋一郎 東京大学)

発光する墨流し水球絵画-II“生命、光、海”
(代表提案者:逢坂卓郎 筑波大学)

「赤色」でつなぐ宇宙と伝統文化
(代表提案者:村山裕三 同志社大学)

宇宙楽器 Space Musical Instruments
(代表提案者:小野綾子 東北大学)

宇宙でのびやかに暮らそうプロジェクト
~無重力下における心理・動作からみた宇宙建築の居室規模計画に関する基礎研究~
(代表提案者:西出和彦 東京大学)

「宙音」The Space Voice of Open mind
-オブジェ「宙音」が発する音は、宇宙ではどのように感じるか-
(代表提案者:福嶋敬恭 京都市立芸術大学)

お地球見
(代表提案者:安藤孝浩 東京藝術大学)

本ミッションにおける画像・映像について

JAXA文化・人文社会科学利用パイロットミッションに関する全てのテキスト、図版、画像、音声、映像等は、特に明記されたものを除き、ミッションのテーマ提案者が著作権を有しており、著作権法及び国際条約により保護されています。ご利用になられる場合には、特に下記の条件を除くその他の条件は、「素材のご使用条件」に従ってください。

1. 商業目的、営利目的でのご利用はできません。

2. 利用にあたっては、テキスト、図版、画像、音声、映像等にすでに含まれるクレジット(テーマ提案者名など)を表示していただくようお願いします。

【素材に関する問合せ先】

宇宙航空研究開発機構 宇宙環境利用センター 文化人文担当
E-mail: kibo-geijutsu@jaxa.jp

これまでの取り組み

「きぼう」でのパイロットプロジェクトに先駆け、地上での共同研究、スペースシャトルでの飛行機会を利用した試みなどを行ってきました。
詳細はこちらをご覧ください。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約