サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

スペースシャトル「ディスカバリー号」打上げ!

最終更新日:2008年6月 1日
写真:ディスカバリー号の打上げ(提供:NASA)

ディスカバリー号の打上げ(提供:NASA)

星出宇宙飛行士ら7人のクルーと「きぼう」日本実験棟船内実験室を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー号」は、米国東部夏時間5月31日午後5時02分(日本時間2008年6月1日午前6時02分)に、NASAケネディ宇宙センター(KSC)から打ち上げられました。

ディスカバリー号の打上げとしては35回目、スペースシャトルの打上げとしては123回目となりました。

打上げ直前の星出宇宙飛行士から、メッセージが届きました!

いよいよ、STS-124/1Jの打上当日となりました。20数年にわたる日本の夢を乗せ、地上の管制官および我々クルーの訓練の成果を見せられるよう、がんばって、そして楽しんで来ます。引き続き応援よろしくお願いいたします!

星出 彰彦

JAXAデイリーレポート 飛行1日目(Flight Day 1)
飛行1日目の活動内容の詳細を掲載しています。

飛行2日目には、スペースシャトルのロボットアーム(Shuttle Remote Manipulator System: SRMS)を使用した機体の損傷点検や、飛行3日目の国際宇宙ステーション(ISS)へのドッキングに向けた準備などが行われる予定です。

2日目(Flight Day 2: FD2)
飛行スケジュール2日目(FD2)の活動内容をご覧になれます。
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約