サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

「きぼう」ロボットアームの部分展開完了&JAXA広報イベント実施

最終更新日:2008年6月 8日
写真:部分展開中の「きぼう」ロボットアーム(提供:NASA)

部分展開中の「きぼう」ロボットアーム(提供:NASA)

「きぼう」日本実験棟のロボットアームの部分的な展開が完了しました。これは、飛行9日目第3回船外活動で「きぼう」関連の作業を行うためのスペースを確保するために行われました。

「きぼう」ロボットアームは、打上げ時には「きぼう」船内実験室の外壁に3箇所で固定されています。これらの保持解放機構(Hold and Release Mechanism: HRM)を船内からの操作で解除し、その後、米国中部夏時間6月7日午前11時38分(日本時間6月8日午前1時38分)から徐々に展開されました。この作業は、星出宇宙飛行士が船内実験室内のロボットアーム操作卓から行いました。

「きぼう」ロボットアームの完全展開は、飛行10日目に行われる予定です。

また、JAXA広報イベントが行われ、毛利宇宙飛行士の進行のもと、「きぼう」船内実験室内から星出、マーク・ケリー宇宙飛行士が、日本科学未来館から福田総理大臣、渡海文部科学大臣、J・トーマス・シーファー駐日米国大使、星出宇宙飛行士の出身校の生徒らが交信を行いました。

JAXA広報イベントの様子(21分34秒)(提供:NASA)
※動画の表示に時間がかかる場合があります。

8日目(Flight Day 8: FD8)
飛行8日目(FD8)の活動内容をご覧になれます。
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約