サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

「きぼう」日本実験棟

「きぼう」のつくり

日本が開発を担当する「きぼう」。宇宙飛行士が長期間活動できる、日本では初めての有人施設で、最大4名まで搭乗できます。「きぼう」は6つの要素からできています。

≫「「きぼう」のつくり」詳細ページへ

「きぼう」の開発

「きぼう」は日本で開発され、組立・試験が行われた後NASAに輸送され、スペースシャトルで打ち上げられました。

≫「きぼう」の開発詳細ページへ

「きぼう」組立ミッション

「きぼう」日本実験棟は、3回のスペースシャトル・ミッションに分けて打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)に取り付けられました。

≫「きぼう」組立ミッションページへ

「きぼう」の運用

「きぼう」日本実験棟の「システム運用」と「実験運用」は筑波宇宙センターで行われています。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約