サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

よくある質問

宇宙での生活に関するQ&A

宇宙ではどうやって寝るのですか

スペースシャトル内

写真:より大きな写真へ

スリープ・コンパートメント

写真:より大きな写真へ

ミッドデッキで寝るクルー

スペースシャトル

スペースシャトルのクルーが寝る場所は、ミッドデッキの右舷側壁に取り付けられた4段式の睡眠用の区画(スリープ・コンパートメント)、あるいは壁に取 り付けた寝袋を使用しました。

このスリープ・コンパートメントには扉もついており、狭いながらもプライバシーを確保できる場所になっていました。照明、空調も調整できる他、緊急時に備えた通信装置を有していました。

なお、中にはこれ以外の場所、例えばコマンダー席やパイロット席などで寝る飛行士もいたようです。

ISS

ISSには、6人分の個室(「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)に2箇所、「ハーモニー」(第2結合部)に4箇所)が設置されており、そこで寝ることができます。

個室内には、照明、空調、緊急事態の発生が確認できる警告警報装置などが設置されており、普段は各クルーの私物の保管場所ともなります。

スペースシャトルやソユーズ宇宙船が到着して一時的に人数が増えた場合や、個室が揃っていなかった頃は、クルーは好きな場所に寝袋を設置して寝ていましたので、クルーの好みに応じて寝場所を変える場合もあります。

ISS内

写真:より大きな写真へ

ズヴェズダ内の個室

写真:より大きな写真へ

ハーモニー内の個室

最終更新日:2018年1月 4日
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約