サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

よくある質問

国際宇宙ステーション(ISS)に関するQ&A

船内で火災が発生したらどうやって対処するのですか

米国の消火器使用訓練

写真:より大きな写真へ

 

写真:より大きな写真へ

各モジュールに携帯式消火器が備えられており、これは地上で使われるものと非常に似通っています。消火剤には二酸化炭素が使われています。

2種類のノズルがあり、船内で起きた火災およびラックの中で起きた火災に対応できるようになっています。与圧室内で起きた火災については直接火元を、ラック内部で発生した火災については、各ラックに消火器を接続するコネクターがあるので、消火器のホースをそこに繋いでラック内部を消火します。

消火器の近くには、可搬型呼吸器(Portable Breathing Apparatus: PBA)が設置されており、消火器を使用する場合は、この呼吸器によって呼吸を確保します。

また、ロシアモジュールに設置されているロシア製消火器は、蒸留水を主成分にしており、窒素を含んだ泡を噴射することで酸素を遮断するタイプです。

写真

可搬型呼吸器(Portable Breathing Apparatus: PBA)

最終更新日:2018年1月16日
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約