サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーションの利用補給フライト ULF2(STS-126)

写真:

エドワーズ空軍基地に着陸するエンデバー号(提供:NASA)

飛行17日目

スペースシャトル「エンデバー号」は、米国中部標準時間11月30日午後2時19分(日本時間12月1日午前5時19分)に軌道離脱噴射を行い、11月30日午後3時25分(同12月1日午前6時25分)に、エドワーズ空軍基地に着陸しました。

飛行17日目、エンデバー号は、NASAケネディ宇宙センター(KSC)への着陸を予定していましたが、KSCの気象条件が着陸に適さなかったため、エドワーズ空軍基地への着陸となりました。エンデバー号は、15日と20時間30分にわたるミッションを終えました。

ミッション結果の要約
STS-126(ULF2)ミッション結果の要約を掲載しています。
STS-126 NASAステータスレポート#32
STS-126 NASAステータスレポート#33
NASA発行のレポートの仮訳です。

STS-126ミッションについて

STS-126(ULF2)ミッションは、エンデバー号によりISSに補給物資や実験装置を運ぶことを目的とした利用補給フライトであり、スペースシャトルによるISSの組立・補給フライトとしては27回目、ロシアのロケットでの打上げを含めると31回目の組立フライトです。

ミッション概要
STS-126(ULF2)ミッション飛行計画(2008年12月1日現在)
項目 計画
打上げ日時 2008年11月14日午後7時55分(米国東部標準時間)
2008年11月15日午前9時55分(日本時間)
打上げ場所 NASAケネディ宇宙センター(KSC) 39A発射台
ISSとの結合日時 2008年11月16日午後4時01分(米国中部標準時間)
2008年11月17日午前7時01分(日本時間)
ISSからの分離日時 2008年11月28日午前8時47分(米国中部標準時間)
2008年11月28日午後11時47分(日本時間)
飛行期間 15日20時間30分
搭乗員/作業体制 スペースシャトルクルー7名(内1名はISS長期滞在クルー)/1シフト
オービタ エンデバー号(22回目の飛行)(スペースシャトル通算124回目の飛行)
軌道高度 軌道投入高度:約226km、ドッキング高度:約352km
軌道傾斜角 51.6度
帰還日時 2008年11月30日午後3時25分(米国中部標準時間)
2008年12月1日午前6時25分(日本時間)
帰還場所 エドワーズ空軍基地内NASAドライデン飛行研究センター(DFRC)
主な搭載物 多目的補給モジュール(MPLM)、JAXAの氷結晶成長実験用セル・宇宙放射線影響実験用セル及び実験試料
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約