JAXAトップページへ
 JAXAトップページへ宇宙ステーション・きぼう広報・情報センターサイトマップ
 

国際宇宙ステーションの利用補給フライト ULF1.1(STS-121)

STS-121 NASAステータスレポート#19

最終更新日:2006年7月15日

2006年7月13日(木)午後4時00分(米国中部夏時間)
2006年7月14日(金)午前6時00分(日本時間)

スペースシャトル「ディスカバリー号」のクルー達は、ミッション中3回の船外活動に成功し、数千ポンドにもおよぶ補給物資や機材の移送を行ってきましたが、本日は休暇をとりました。

本日予定されていたイベントは、国際宇宙ステーション(ISS)の第13次長期滞在クルーとディスカバリー号のクルーへのインタビューのみでした。

ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のマイケル・フォッサムは、米国中部夏時間7月13日午前11時58分(日本時間7月14日午前1時58分)から、テキサス州のリック・ペリー知事との通話を行いました。フォッサムと同じテキサスA&M大学出身のペリー知事は、初のAggie(テキサスA&M大学のOB/OG)の宇宙飛行士が宇宙に行ったことがとても誇らしいことだとフォッサムに伝えました。「Aggieが初めて宇宙に行ったということで、Aggieたちはみんな大喜びしている。マイケル、君は歴史的な偉業を成し遂げたよ」と知事は話しました。

7月13日午後0時44分(同7月14日午前2時44分)、フォッサムとリサ・ノワックは、MSNBCとFOX News Liveからのインタビューに応えました。

ISS第13次長期滞在クルーのジェフリー・ウィリアムズは、7月14日に予定されている「レオナルド」(多目的補給モジュール1)のクローズアウト(閉鎖)の方法と、最終的な手順を確認しました。レオナルドは7月14日にISSからディスカバリー号のペイロードベイ(貨物室)に搭載される予定です。

7月14日には、ディスカバリー号のクルーは、さらにミッション後半で行うディスカバリー号の耐熱シールドの検査を開始する予定です。まずは、左翼の最終検査を行い、ミッション前半の検査以降、翼に軌道上でデブリが衝突していないかどうかを確認します。

次回のSTS-121ステータスレポートは、7月14日の朝(同7月14日夜)、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:http://www.nasa.gov/mission_pages/shuttle/news/sts121/STS-121-19.html
*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。


▲このページの先頭へ

JAXAトップページへ JAXAトップページへ 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター サイトマップ JAXAトップページへ サイトポリシー