JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク 螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ 繧オ繧、繝医槭ャ繝
 

ISSと「きぼう」

国際宇宙ステーションへの補給フライト 16P

homeindexback

16Pドッキング   16P打上げ計画 16P前後のISSの形状

 

画像。クリックして拡大
ISSから分離し遠ざかっていく16P

プログレス補給船(16P)は、日本時間2005年2月28日午前1時6分に国際宇宙ステーション(ISS)から分離しました。
その後、10日軌道上に滞在し、姿勢制御方法に関する試験を行っった後、同3月10日午前1時13分に軌道離脱噴射を行い、同3月10日午前2時3分に大気圏に再突入し、南太平洋上に安全に投棄されました。

 

16回目の補給フライト

画像。クリックして拡大
画像。クリックして拡大
プログレス補給船を収納したフェアリング部とソユーズロケットとの結合が完了 射点に運ばれるソユーズロケット
画像。クリックして拡大 画像。クリックして拡大
準備中のプログレス補給船(16P)、右の写真はフェアリングをかぶせた状態

16Pフライトは、ロシアのプログレスM-51補給船を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)後方に無人でドッキングさせるミッションであり、ISSへ向かう16機目のプログレス補給船です。

プログレス補給船(16P)は、2004年12月24日にロシアのソユーズロケットにより、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、その後、2004年12月26日に自動ランデブ・システムを用いてISSにドッキングしました。

プログレス補給船(16P)は、スペースシャトルの飛行が停止されている状況下では、ISSに滞在しているクルーのための飲料水や酸素、食料、予備品などを補給する重要な役割を持っています。16Pフライトでは主に以下に示す補給品をISSに搬入する予定です。

  • 飲料水タンク 2個(計420リットル = 420kg)
  • 推進剤 560kg
  • 酸素 28kg、空気 22kg 合計50kg
  • その他、以下に示す積荷など、およそ1,260kg
    • 食料(米ロの宇宙食ふたりで112日分(69コンテナ))、新鮮な野菜や果物
      * 予想よりも消費量が多いため余分に搭載した7コンテナおよび希望があった特別メニューの餃子とフライドライスを含む。
    • クルーへの手紙、小包、クリスマスプレゼントなど
    • 衣服(下着、衣類、タオルなど)、衛生用品(歯ブラシ、カミソリなど)
    • 運用手順書
    • 実験ペイロード
      • ロシア:RokvISS(ドイツのロボット実験)、Biorisk(バクテリアや菌類へ与える影響評価実験)など
      • 米国:DAFT(Dust Aerosol Measurement Feasibility)-1,2、SEM(学生実験用容器)、ADUM(発展型超音波診断)用のジェルボトル3個)
    • Nikon 400mm F2.8望遠レンズ、テレコンバータ
    • 交換修理品、予備品など
      • 医薬品、クルー健康管理システム(CHeCS)関連機器、アルカリ電池
      • 米国の照明装置(General Luminaire Assembly: GLA)の蛍光灯3個
      • カラープリンタ 1台
      • 米国製宇宙服(EMU)の補修用部品、船外活動用工具
    • ロシアのUWP(Universal Work Platform)
    • 欧州宇宙機関(ESA)の欧州補給機(ATV)関連機器
    • IBM ThinkPad A31P 3台、CDやDVD
    • など
    画像。クリックして拡大 画像。クリックして拡大 画像。クリックして拡大 画像。クリックして拡大
    RokvISS装置イメージ DAFT実験装置の一部 SEM ロシアのUWP


16P打上げ計画

16P打上げ計画(2004年12月26日現在)
打上げ日時
2004年12月24日午前 7時19分(日本時間)
2004年12月24日午前 3時19分(バイコヌール標準時間)
2004年12月24日午前 1時19分(モスクワ標準時間)
2004年12月23日午後 4時19分(米国中部標準時間)
射 場 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
使用ロケット ソユーズ-Uロケット
重量 約7トン(うち約2.3トンが貨物・推進剤)
ドッキング日時
2004年12月26日午前 8時58分(日本時間)
2004年12月26日午前 2時58分(モスクワ標準時間)
2004年12月25日午後 5時58分(米国中部標準時間)

16Pのドッキングに備えて、プログレス補給船(15P)は日本時間2004年12月23日午前4時37分にISSとのドッキングを解除し、同日午前8時23分に大気圏に再突入し、南太平洋上に安全に投棄されました。

16P前後のISSの形状

画像。
16Pフライト前のISS
画像。
16Pフライト後のISS(15Pが分離した後、同じ場所に16Pがドッキングする)


最終更新日:2005年3月10日

homeindexback

JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ