JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
 JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク 螳螳吶せ繝繝シ繧キ繝ァ繝ウ繝サ縺阪⊂縺蠎蝣ア繝サ諠蝣ア繧サ繝ウ繧ソ繝シ 繧オ繧、繝医槭ャ繝
 

ISSと「きぼう」

国際宇宙ステーションへの補給フライト 15P

homeindexback

15P分離 15P打上げ計画 15P前後のISSの形状

 

画像。クリックして拡大
ISSから分離し、離れていくプログレス補給船(15P)

プログレス補給船(15P)は、日本時間2004年12月23日午前4時37分に国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、同日午前8時23分に大気圏に再突入し、南太平洋上に安全に投棄されました。

 

15回目の補給フライト

プログレス補給船(15P)打上
ソユーズロケットの打上げ
射点に運ばれるソユーズロケット 打上げ準備中のソユーズロケット
射点に運ばれるソユーズロケット 打上げ準備中のソユーズロケット
準備中のプログレス補給船(15P) 準備中のプログレス補給船(15P)
準備中のプログレス補給船(15P)

15Pフライトは、ロシアのプログレスM-50補給船を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)後方に無人でドッキングさせるミッションであり、ISSへ向かう15機目のプログレス補給船です。

プログレス補給船(15P)は、スペースシャトルの飛行が停止されている状況下では、ISSに滞在しているクルーのための飲料水や酸素、食料、予備品などを補給する重要な役割を持っています。15Pフライトでは主に以下に示す補給品をISSに搬入します。

  • 飲料水タンク 2個(計420リットル = 420kg)
  • 推進剤 約690kg
  • 酸素、空気 合計50kg
  • その他、以下に示す積荷など、およそ1,380kg
    • 食料(米ロの宇宙食207パック)、新鮮な野菜や果物
    • クルーへの手紙、小包など
    • 衛生用品(汚物容器、ごみ袋)
    • 第9次、第10次長期滞在クルー用の衣服(下着、衣類、タオルなど)
    • 運用手順書、CD、DVD
    • ロシアの実験ペイロード(JAXAのタンパク質結晶成長装置(GCF)を含む)
    • 交換修理品、予備品
      • 医薬品、クルー健康管理システム(Crew Health Care System: CHeCS)関連機器
      • 米国の照明装置(General Luminaire Assembly: GLA)の蛍光灯4個
      • ロシアの環境制御系装置の予備品、補給品
      • ロシアの800Aバッテリ
      • 宇宙服(EMU)の故障したロータとウォータポンプ2個、ファン・ポンプセパレータ、およびトラブルシューティング用の機器 等

    このプログレス補給船には、JAXAの高品質タンパク質結晶生成プロジェクトの第4回宇宙実験のタンパク質試料を搭載しています。なお、今回のタンパク質結晶試料の回収は、2004年10月24日にソユーズ宇宙船(8S)により行われました。

15P打上げ計画

15P打上げ計画(2004年8月14日現在)
打上げ日時
2004年8月11日午後 2時03分(日本時間)
2004年8月11日午前11時03分(バイコヌール夏時間)
2004年8月11日午前 9時03分(モスクワ夏時間)
2004年8月11日午前 0時03分(米国中部夏時間)
射 場 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
使用ロケット ソユーズ-Uロケット
重量 約7トン(うち約2.5トンが貨物・推進剤)
ドッキング日時
2004年8月14日午後 2時01分(日本時間)
2004年8月14日午前 9時01分(モスクワ夏時間)
2004年8月14日午前 0時01分(米国中部夏時間)

15Pのドッキングに備えて、プログレス補給船(14P)は日本時間2004年7月30日午後3時5分にISSとのドッキングを解除し、同日午後8時12分に大気圏に再突入し、南太平洋上に安全に投棄されました。

15P前後のISSの形状

15フライト前のISS
15Pフライト前のISS
下矢
15Pフライト後のISS
15Pフライト後のISS

最終更新日:2005年1月5日

homeindexback
JAXA繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク繧オ繧、繝医昴Μ繧キ繝シ