JAXAgbvy[W
 JAXAgbvy[WFXe[VEڂLEZ^[TCg}bv
 

国際宇宙ステーションへの補給フライト 12P


12P分離 12P打上げ計画 12P前後のISSの形状

日本時間2004年1月28日午後5時36分、プログレス補給船(12P)は、国際宇宙ステーション(ISS)から分離し、同日午後10時46分に地球大気圏に突入しました。
ドッキング直前のプログレス補給船(12P)から見たISS
ソユーズロケットの打ち上げ
ドッキング直前のプログレス補給船(12P)から見たISS
ソユーズロケットの打上げ

日本時間8月29日午前10時48分にバイコヌール宇宙基地(カザフスタン共和国)から打ち上げられたプログレス補給船は、予定より2分早く、同8月31日午後0時40分に国際宇宙ステーション(ISS)とドッキングしました。

ISSに接近するプログレス補給船(12P)
ISSに接近するプログレス補給船(12P)


12回目の補給フライト 12P打上げ
打上準備中のプログレスM-48(12P)
打上準備中のプログレスM-48(12P)

12Pフライトは、ロシアのプログレスM-48補給船を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)のズヴェズダ後方に無人でドッキングさせるミッションであり、ISSへ向かう12機目のプログレス補給船です。プログレス補給船(12P)は、日本時間2003年8月29日にロシアのソユーズロケットにより、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。

プログレス補給船(12P)は、スペースシャトルの飛行が停止されている状況下で、ISSに滞在しているクルーのための水や食料、予備品などを補給する重要な役割を持っています。
12Pフライトでは主に以下に示す補給品(2,498kg)をISSに搬入しました。

  • 打上準備中のプログレスM-48(12P)
    打上準備中のプログレスM-48(12P)
    飲料水(420kg)
  • 食料(199kg、米国とロシアの食料164個、チョコレート、新鮮な果物)
  • 推進剤(353.1kg)
  • 酸素(21kg)、空気*(24kg)
  • 衛生用品(汚物容器、ごみ袋)、医薬品
  • クルーサポート品(下着、衣類、タオルなど)
  • ロシアとフランスのコメディ映画のDVD、ロシアのコサックダンスのCD、最新の経済関連の出版物、クルーへの小包など
  • ビデオ、カメラ器材(35mmフィルム、ビデオカセット)
  • 実験装置(ESAの教育実験機器(7Sミッション用)、NASDAのタンパク質結晶実験装置3基、ロシアのタンパク質結晶成長実験装置、イタリアの実験装置、アマチュア無線機など)
  • イリジウム衛星電話とGPS位置確認装置(第7次長期滞在クルー帰還用)
  • ラップトップコンピュータ(NGL: Next Generation LaptopであるIBM ThinkPad A31pを4台)
  • 交換修理品、予備品(ロシアの800Aバッテリ3台、Orlan宇宙服のバッテリ3台、米国のEVA機器と予備品など)

    * 空気は今回初めて運ばれます。スペースシャトルによる窒素の補給ができないためと思われます。

また、このプログレス補給船(12P)には、NASDAの高品質タンパク質結晶生成プロジェクトの第2回宇宙実験用のタンパク質試料が搭載されています。なお、今回のタンパク質結晶試料は、2003年10月にソユーズ宇宙船交換/クルー交代ミッション(6S)で回収されました。

 

12P打上げ計画
12P打上げ計画(2003年8月31日現在)
打上げ日時
2003年8月29日午前 7時48分(バイコヌール夏時間)
2003年8月29日午前 5時48分(モスクワ夏時間)
2003年8月28日午後 8時48分(米国中部夏時間)
2003年8月29日午前10時48分(日本時間)
射 場 カザフスタン共和国 バイコヌール宇宙基地
使用ロケット ソユーズロケット
ドッキング日時
2003年8月30日午後 7時40分(モスクワ夏時間)
2003年8月30日午後10時40分(米国中部夏時間)
2003年8月31日午後 0時40分(日本時間)

 

12P前後のISSの形状
12Pフライト前のISS
下矢
12Pフライト後のISS
最終更新日:2004年1月29日

JAXAトップページへサイトポリシー