サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-134 NASAステータスレポート#06

最終更新日:2011年5月19日
« STS-134-05 | 一覧 | STS-134-07 »

2011年5月18日(水) 午後10時30分(米国中部夏時間)
2011年5月19日(木) 午後0時30分(日本時間)

本日の作業には、アルファ磁気スペクトロメータ(Alpha Magnetic Spectrometer: AMS-02)を国際宇宙ステーション(ISS)のトラスに設置するという、STS-134ミッションにおける科学に関する最優先作業が予定されています。このISSトラス上から、AMS-02は宇宙の素粒子を観測して、物理の基本的な謎を探ることができます。

ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のアンドリュー・フューステルとロベルト・ビットーリは、スペースシャトルのロボットアーム(Shuttle Remote Manipulator System: SRMS)を操作して、この開発費20億ドル、重量15,251ポンド(約6,919kg)の装置をスペースシャトル「エンデバー号」のペイロードベイ(貨物室)から取り出す予定です。彼らは米国中部夏時間5月19日午前2時01分(日本時間5月19日午後4時01分)にAMS-02をISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)に受け渡す予定です。その後パイロットのグレゴリー・H.ジョンソンとMSのグレゴリー・シャミトフがSSRMSでAMS-02をISSの右舷側トラスに設置する予定です。

AMS-02はこのトラス上で宇宙観測を開始し、ISSの運用が続く限り、地上の科学者らに自動的に情報を送り続けることになります。

エンデバー号のクルーと第27次長期滞在クルーのフライトエンジニアであるロナルド・ギャレンは、5月18日午後9時56分(同5月19日午前11時56分)に起床しました。ギャレンは、スペースシャトルのクルーのスケジュールに合わせて活動しています。本日のウェイクアップコールは、シャミトフの友人であるホセ・セラーノが作曲した「Luna」という曲で、シャミトフのためにかけられました。この曲は通信遮断が復旧した約30分後にかけられました。

エンデバー号は5月18日午前5時14分(同5月18日午後7時14分)にISSにドッキングし、そしてエクスプレス補給キャリア3(Express Logistics Carrier 3 : ELC-3)というISSの予備品を載せた貨物運搬装置がISSに設置されました。ミッションコントロールセンター(MCC)ではロボットアームの担当者が、ロボットアームを使用したAMS-02の受け渡しに備えて、夜間にISSのモービルトランスポータ(台車:MT)をISSの左舷トラスの端から右舷トラスの端まで移動させました。AMS-02の設置作業は5月19日午前2時41分(同5月19日午後4時41分)に終了する予定です。

エンデバー号とISSのクルーは、協力して5月20日に予定されているフューステルとシャミトフによるSTS-134ミッションの第1回船外活動の準備を開始しました。両機のクルーによるチームは、第1回船外活動の作業手順を確認する予定です。第1回船外活動では、材料曝露実験装置(Materials ISS Experiment: MISSE)1台の回収、新しいMISSEの設置、投光器(照明)の取り付け、冷却ループの充填装置の取り付け、ワイヤレスコミュニケーションアンテナの設置などが計画されています。

フューステルとシャミトフは、翌日の宇宙服の減圧環境下での活動に備えて、今晩一晩を「クエスト」(エアロック)内で過ごして身体を調整する予定です。この宇宙服は、スペースシャトルがISSに到着してハッチが開いた後、一番先にスペースシャトルからISSに移送されました。

一方、STS-134ミッションのマネージャらは、ドミトリー・コンドラティェフ、パオロ・ネスポリ、キャスリン・コールマンら第27次長期滞在クルーが撮影した500枚以上の画像の評価を続けています。スペースシャトルの機体の熱防護システム(Thermal Protection System: TPS)のタイル数枚に損傷が確認されました。マネージャらは、解析の結果を待って、ミッションの後半にこれら損傷部位の詳細検査を行うかどうかを決める予定です。

次回のSTS-134ミッションステータスレポートは、5月19日午後1時26分(同5月20日午前3時26分)のクルー就寝開始前、または新規イベントがあれば発行します。

出典:STS-134 MCC Status Report #06(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約