サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-132 NASAステータスレポート#22

最終更新日:2010年5月25日
« STS-132-21 | 一覧 | STS-132-23 »

2010年5月24日(月) 午後11時30分(米国中部夏時間)
2010年5月25日(火) 午後1時30分(日本時間)

スペースシャトルのクルーは、本日、地上への帰還準備を行います。スペースシャトル「アトランティス号」に計画されている最後のミッションの着陸機会は、5月26日に始まります。

クルーは、米国中部夏時間5月24日午後11時20分(日本時間5月25日午後1時20分)、ジェイ・Zとアリシア・キーズによる“Empire State of Mind”で起床しました。この曲はミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のギャレット・リーズマンのためにかけられました。

コマンダーのケネス・ハム、パイロットのドミニク・アントネリ、MSのマイケル・グッドは、着陸機会に備えて、飛行制御システム(Flight Control System: FCS)の試験運用と、姿勢制御システム(Reaction Control System: RCS)の噴射試験を行う予定です。

リーズマン、MSのスティーブ・ボーエンおよびピアース・セラーズは、午前中、最後の荷造りと片付け作業を行なう予定です。その後は、他のクルーも彼らに合流し、就寝時までその作業を続ける予定です。また、各クルーには運動が計画されています。そして、軌道離脱計画を確認するための打ち合わせには、クルー全員が参加する予定です。

アトランティス号のクルーは、全員でスペースシャトルのフライトデッキに集まり、コルベア・レポート(Colbert Report)、ABC Radio Network、およびクリーブランドのWEWS-TVの報道関係者からのインタビューに応じる予定です。このイベントは、5月25日午前7時10分(同5月25日午後9時10分)から、NASA TVで生中継される予定です。

クルーは5月25日午後3時20分(同5月26日午前5時20分)に就寝する予定です。

次回のSTS-132ステータスレポートは、クルーの就寝時、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-132 MCC Status Report #22(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約