サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-132 NASAステータスレポート#11

最終更新日:2010年5月20日
« STS-132-10 | 一覧 | STS-132-12 »

2010年5月19日(水) 午後2時00分(米国中部夏時間)
2010年5月20日(木) 午前4時00分(日本時間)

スペースシャトル「アトランティス号」のクルーであるスティーブ・ボーエンとマイケル・グッドは、5月19日、7時間9分にわたって船外活動を実施し、本ミッションで6台交換する予定の国際宇宙ステーション(ISS)のP6トラスに設置されている1台375ポンド(約170 kg)のバッテリを、4台交換しました。本ミッションの主要目的であるこの作業は、順調な滑り出しを見せました。

本日は3台のバッテリを交換する計画でしたが、STS-132ミッションのマネージャらは、4台目のバッテリの交換も期待していました。残りのバッテリは、5月21日の船外活動でグッドとギャレット・リーズマンが交換する予定です。

ボーエンにとっては5回目、そしてグッドにとっては3回目となった今回の船外活動は、開始時刻が当初の計画より30分早められていましたが、さらに25分以上早い、米国中部夏時間5月19日午前5時38分(日本時間5月19日午後7時38分)に開始されました。船外活動を早めに開始した理由のひとつは、センサ付き検査用延長ブーム(Orbiter Boom Sensor System: OBSS)先端のセンサ/カメラの雲台装置に干渉しているケーブルの位置を直す作業が追加されたためでした。ボーエンはこの作業を30分弱で完了させ、グッドはこの間に、バッテリの交換作業を開始しました。

ミッションコントロールルームは、雲台装置の動作確認後、スペースシャトルの耐熱シールドの検査機能が完全に復旧したと報告しました。

アトランティス号のパイロットのドミニク・アントネリは、ISS船内から船外活動の指揮をとって、船外活動クルーを誘導しました。ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のリーズマンとピアース・セラーズは、ISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)の運用を担当しました。船外活動クルーは、SSRMSで把持された曝露機器輸送用キャリア(Integrated Cargo Carrier-Vertical Light Deployable: ICC-VLD)からバッテリをひとつずつ取り外して、古いバッテリを取り外した場所に取り付けました。古いバッテリは、地上に回収するため、ICC-VLDにボルトで固定しました。

古いバッテリ4台のうちの1台は、トラス上に仮置きされました。このバッテリは5月21日の船外活動でICC-VLDに固定される予定です。

バッテリ交換と作業場所の片付けの後、船外活動クルーはZ1トラスに新たに設置した冗長系用のKuバンドアンテナへと移動しました。彼らは、アンテナ支柱とパラボラアンテナを固定しているボルトを増し締めして、5月17日の船外活動で生じたアンテナ支柱とパラボラアンテナ間の隙間を解消しました。その後、彼らはパラボラアンテナの固定具を外して、運用可能な状態にしました。

彼らは、この作業を終えると、作業場所の片付けを行い、「クエスト」(エアロック)に戻りました。クエスト内の与圧を開始した5月19日午後0時47分(同5月20日午前2時47分)に、第2回船外活動は公式に完了しました。

本日の船外活動は、ISSの組立て/メンテナンスに関わる船外活動としては145回目となり、これまでの船外活動時間は、計908時間7分となりました。

次回のSTS-132ステータスレポートは、クルーの起床後、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-132 MCC Status Report #11(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約