サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-130 NASAステータスレポート#10

最終更新日:2010年2月13日
« STS-130-09 | 一覧 | STS-130-11 »

2010年2月12日(金) 午後5時00分(米国中部標準時間)
2010年2月13日(土) 午前8時00分(日本時間)

米国最後となる国際宇宙ステーション(ISS)構成要素への扉は、本日夜に開放され、スペースシャトル「エンデバー号」とISSのクルーは、「トランクウィリティー」(第3結合部)とキューポラの内部の整備作業を開始する予定です。

エンデバー号のウェイクアップコールは米国中部標準時間2月12日午後3時14分(日本時間2月13日午前6時14分)にミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のロバート・ベンケンのためにかけられた、SFテレビドラマ「Firefly」のテーマ曲である、サニー・ローズの“The Ballad of Serenity”でした。

パイロットのテリー・バーツとMSのキャスリン・ハイヤは2月12日午後6時24分(同2月13日午前9時24分)に、ISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)を「ハーモニー」(第2結合部)上の把持部から、「デスティニー」(米国実験棟)まで移動させる予定です。その間、MSのスティーブン・ロビンソンとISSのコマンダーのジェフリー・ウィリアムズは、トランクウィリティーと「ユニティ」(第1結合部)の間の連結部の整備作業を開始する予定です。

同時に、船外活動担当のロバート・ベンケンとニコラス・パトリックは、第2回船外活動でパトリックが着用する新しい宇宙服の準備を行う予定です。パトリックの宇宙服は、第1回船外活動の間に冷却ファンの速度が一時的に少し遅くなったことがわかっています。ふたりは、ベンケンがもともと着用予定だった宇宙服のサイズを調整してから、その宇宙服の船外活動ユニット(EMU)パワーハーネスの修理を完了する予定です。このパワーハーネスは、第1回船外活動の前に点検した際、ヘルメットのカメラとグローブのヒータに電力を供給できていませんでした。

ウィリアムズは、2月12日午後8時14分(同2月13日午前11時14分)にトランクウィリティーのハッチを開き、その後、キューポラへのハッチは2月12日午後9時44分(同2月13日午後0時44分)に開く予定です。内部の整備作業を進める間に、バーツとフライトエンジニアの野口聡一は、改良型エクササイズ装置(Advanced Resistive Exercise Device: ARED)と空気浄化システム(Atmospheric Revitalization System: ARS)ラックをトランクウィリティー内に移設する予定です。

ベンケンとパトリックは、2月13日午前1時29分(同2月13日午後4時29分)に休憩を取り、宇宙飛行士でCAPCOM(Capsule Communicator)のマイク・マシミーノのTwitterアカウントに寄せられた、ミッションに関する質問に答える予定です。2月13日午前4時24分(同2月13日午後7時24分)にバーツとMSのキャスリン・ハイヤは、AP通信、CBS News、ロイター通信のインタビューに答える予定です。

11人のクルー全員は2月13日午前3時09分(同2月13日午後6時09分)に集まって、2月13日午後8時09分(同2月14日午前11時09分)に開始予定の第2回船外活動の手順を確認する予定です。

次回のSTS-130ステータスレポートは、クルーの就寝後、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-130 MCC Status Report #10(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約