サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-129 NASAステータスレポート#12

最終更新日:2009年11月23日
« STS-129-11 | 一覧 | STS-129-13 »

2009年11月22日(日) 午前3時00分(米国中部標準時間)
2009年11月22日(日) 午後6時00分(日本時間)

スペースシャトル「アトランティス号」の6人のクルーは、11月23日の最後となる第3回船外活動の準備を行う前に、半日間休息をとる予定です。

クルーは今朝、米国中部標準時間11月22日午前1時58分(日本時間11月22日午後4時58分)に、ボブ・カーライルの“Butterfly Kisses”で起床しました。この曲は、ミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のランドルフ・ブレスニクのために選曲されました。

午前中の遅い時間に、パイロットのバリー・ウィルモアとMSのリランド・メルヴィン、ロバート・サッチャー、ニコール・ストットは、ワシントンDCのWTTG-TV、フロリダ州タンパのBay News 9、イリノイ州シカゴのWBBM Radioとのインタビューで、レポーターからの質問に答える予定です。

また、テネシー州の学生とウィルモア、メルヴィン、ストットとの交流の機会が予定されています。クックビルにあるテネシー工科大学で、教育のための質疑応答イベントを行う予定です。ウィルモアはテネシー工科大学の卒業生です。

午後の早い時間に、サッチャーとブレスニクは、第3回船外活動に向けて宇宙服と工具を準備し、更新された手順を確認する予定です。ブレスニクとフォアマンが、11月21日の船外活動で、3基目のペイロード取付けシステム(Payload Attach System: PAS)の展開などの前倒しの作業を行うことができたため、夜の間に船外活動の計画が見直されました。

今晩、サッチャーとブレスニクは、11月23日の船外活動に備えて、「クエスト」(エアロック)内で一晩を過ごすキャンプアウトを行う予定です。クルーは、11月22日午後5時30分(同11月23日午前8時30分)頃に就寝する予定です。

次回のSTS-129ステータスレポートは、クルーの就寝時、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-129 MCC Status Report #12(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約