サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

NASAステータスレポート(2008年まで)

STS-126 NASAステータスレポート#24

最終更新日:2008年11月27日
« STS-126-23 | 一覧 | STS-126-25 »

2008年11月26日(水) 午前9時00分(米国中部標準時間)
2008年11月27日(木) 午前0時00分(日本時間)

本日、スペースシャトル「エンデバー号」と国際宇宙ステーション(ISS)のクルーが、「レオナルド」(多目的補給モジュール1)の荷造りを完了し、ISSからエンデバー号のペイロードベイ(貨物室)へ移動させると、レオナルドは、地上への帰還に向けて小さな一歩を踏み出すことになります。

ISSへの5回目のフライトとなるレオナルドは、6.3トン以上もの貨物をISSに運びました。貨物の多くは、将来、ISSクルーを増員するための物資です。これらの物資が運び出された後は、地上に持ち帰る約3,500ポンド(約1,588kg)の物資が積み込まれました。

クルーは、米国中部標準時間11月26日午前10時(日本時間11月27日午前1時)を少し過ぎた頃に、最終的にレオナルドから退室する予定です。STS-126ミッションのミッションスペシャリスト(搭乗運用技術者:MS)のドナルド・ペティットとロバート・キンブローは、ISSのロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)を使用して、レオナルドを「ハーモニー」(第2結合部)からエンデバー号のペイロードベイ(貨物室)へと移動させる予定です。レオナルドは午後5時50分(同11月27日午前8時50分)頃に、ペイロードベイ(貨物室)に収納される予定です。

コマンダーのクリストファー・ファーガソン、パイロットのエリック・ボー、MSのペティット、スティーブ・ボーエン、ハイディマリー・ステファニション・パイパー、キンブロー、およびグレゴリー・シャミトフらエンデバー号の搭乗クルーは、ボーエンのためにかけられたジェスロ・タルの“North Sea Oil”で 11月26日午前6時55分(同11月26日午後9時55分)に起床しました。

本日も、エンデバー号のミッドデッキに、ISSから機材と物資を移送する作業が継続される予定です。宇宙で約6ヶ月間過ごしたシャミトフは、エンデバー号に搭乗して地上に帰還するのに備え、本日はほとんどの時間を荷造りに費やす予定です。

地上の技術者らは、11月25日早朝に軌道2周回にわたり実施した右舷側の太陽電池パドル回転機構(Solar Alpha Rotary Joint: SARJ)の自動追尾試験の結果の調査を続けています。ISSに新しく設置された水再生システム(Water Recovery System: WRS)の尿処理装置(Urine Processor Assembly: UPA)は、試験運転が継続されています。ISSコマンダーのマイケル・フィンクとフライトエンジニアのサンドラ・マグナスは、分析用のサンプル採取を引き続き行う予定です。ISSフライトエンジニアのユーリ・ロンチャコフは、作業計画にもとづきISSのメンテナンス作業を行います。

本日、午前6時38分(バイコヌール時間11月26日午後6時38分/日本時間11月26日午後9時38分)に、プログレス補給船(31P)がカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。Kurs自動ランデブシステムに関連したアンテナのひとつの展開に失敗した模様です。ロシアの飛行管制官らは、これから数時間にわたりデータを調査し、原因究明作業が必要か確認する予定です。プログレス補給船(31P)は、11月30日午前6時23分(同11月30日午後9時23分)にISSにドッキングする予定です。

本日、エンデバー号のクルーは午後9時55分(同11月27日午後0時55分)に就寝し、11月27日午前5時55分(同11月27日午後8時55分)に起床する予定です。次回のSTS-126ステータスレポートは、クルーの就寝後、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-126 MCC Status Report #24(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約