サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-119 NASAステータスレポート#25

最終更新日:2009年3月28日
« STS-119-24 | 一覧 | STS-119-26 »

2009年3月27日(金) 午後5時30分(米国中部夏時間)
2009年3月28日(土) 午前7時30分(日本時間)

スペースシャトル「ディスカバリー号」のクルーは、軌道上での最後の夜に予定された作業に取りかかっています。彼らは、米国中部夏時間3月28日午前4時13分(日本時間3月28日午後6時13分)に起床し、同日午後0時39分(同3月29日午前2時39分)の米国フロリダ州のNASAケネディ宇宙センター(KSC)への着陸に向けて、体勢を整える予定です。

スペースシャトルがフロリダに帰還するにあたり、現地の気象条件は受入可能であると予報されています。

ディスカバリー号のクルーは、3月27日午後8時13分(同3月28日午前10時13分)に就寝する予定です。そして翌3月28日に起床した後、午前7時33分(同午後9時33分)には軌道離脱手順を開始する予定です。ディスカバリー号は午前11時33分(同3月29日午前1時33分)にエンジン噴射を行い、フロリダへの降下を開始する予定です。3月28日のディスカバリー号のKSCへの2回目の着陸機会を利用する場合は、午後1時08分(同3月29日午前3時08分)に軌道離脱噴射を開始し、午後2時14分(同午前4時14分)に着陸する予定です。

3月28日(同3月29日)のディスカバリー号の着陸地はKSCのみとなっています。

ディスカバリー号が帰還準備を行う一方、国際宇宙ステーション(ISS)には新しいクルーが到着する予定です。ロシアの宇宙飛行士であるゲナディ・パダルカ、NASA宇宙飛行士のマイケル・バラット、および宇宙旅行者のチャールズ・シモニー氏が搭乗するソユーズ宇宙船は、3月28日午前8時14分(同午後10時14分)にISSにドッキングする予定です。

次回のSTS-119ステータスレポートは、3月28日のディスカバリー号着陸後、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-119 MCC Status Report #25(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約