サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション

STS-119 NASAステータスレポート#20

最終更新日:2009年3月26日
« STS-119-19 | 一覧 | STS-119-21 »

2009年3月25日(水) 午前7時30分(米国中部夏時間)
2009年3月25日(水) 午後9時30分(日本時間)

本日、米国時間3月25日(日本時間3月26日)にスペースシャトル「ディスカバリー号」が国際宇宙ステーション(ISS)から分離するのに伴い、サンドラ・マグナス宇宙飛行士は、4ヶ月以上におよぶ宇宙での滞在を終え、帰還への第一歩を踏み出します。

スペースシャトルのクルーは、本日午前5時14分(同3月25日午後7時14分)、パイロットのドミニク・アントネリのためにかけられたスタンデルスの“Dirty Water”で目覚めました。アントネリはディスカバリー号がISSから分離する際に、ディスカバリー号を操縦する予定です。

午前中、スペースシャトルとISSのクルーは、機器類や補給物資の最終移送を行う予定です。そのなかには、12番目の水のコンテナをISSへ移送する作業、2着の宇宙服をディスカバリー号に戻す作業、また、温度感受性の高い実験サンプルが保管された二重の冷却バッグ(Double Cold bag)2個を、地上に持ち帰るためにスペースシャトルへ移送する作業もあります。

10人のクルーは、午前11時53分(同3月26日午前1時53分)、「ハーモニー」(第2結合部)に集合し別れの挨拶を交わした後、スペースシャトルのコマンダーであるリー・アーシャムボウの指揮の下、ディスカバリー号に戻っていく予定です。アーシャムボウとISSのコマンダーであるマイケル・フィンクは、両宇宙機の間のハッチを閉める予定です。

午後2時53分(同3月26日午前4時53分)、アントネリがディスカバリー号を操縦して、ISSの与圧結合アダプタ2(Pressurized Mating Adapter 2: PMA-2)の結合を解除すると、スペースシャトルはバネの力でISS前方に押し出されていく予定です。ISSから400フィート(約122m)の距離まで離れると、アントネリはISSを周回するフライアラウンドを開始する予定です。これにより、スペースシャトルのクルーとカメラは、完成したトラス構造と完全に展開した4番目の太陽電池パドル(Solar Array Wing: SAW)の外観を初めてとらえることができます。その後、ディスカバリー号はISSから離れるための噴射を行い、3月28日(同3月29日)に予定されているNASAケネディ宇宙センター(KSC)への着陸に向けて帰還の途につく予定です。

次回のSTS-119ステータスレポートは、3月25日夜(同3月26日朝)、または新規イベントがあれば発行する予定です。

出典:STS-119 MCC Status Report #20(NASA)

*併記の無い限り日時はすべて米国日時とします。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約