サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション(ISS)

新着情報

最終更新日:2017年10月17日
画像:国際宇宙ステーションへの補給フライト 68Pへリンク

国際宇宙ステーションへの補給フライト 68P(2017年10月17日)

プログレス補給船(68P)は、日本時間10月14日午後5時46分にカザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、同10月16日午後8時04分にISSの「ピアース」(ロシアのドッキング室)へドッキングしました。

画像:国際宇宙ステーションへの補給フライト SpX-12へリンク

国際宇宙ステーションへの補給フライト SpX-12(2017年09月19日)

ドラゴン補給船運用12号機は、9月17日午後5時40分にISSのロボットアーム(SSRMS)から放出され、ISSを離脱しました。この後、軌道離脱噴射が行われ、ドラゴン補給船のカプセル(与圧部)は同日午後11時14分頃に米国カリフォルニア州南西沖の太平洋上に着水しました。

画像:52SクルーらがISSに到着しましたへリンク

52SクルーらがISSに到着しました(2017年09月13日)

ISS第53次/第54次長期滞在クルーのアレクサンダー・ミシュルキン、マーク・ヴァンデハイ、ジョセフ・アカバ宇宙飛行士の3人はソユーズMS-06宇宙船(52S)で、日本時間9月13日午前6時17分にカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、同日午前11時55分にISSの「ポイスク」(ロシアの小型研究モジュール2)にドッキングしました。

画像:国際宇宙ステーションへの補給フライト 66Pへリンク

国際宇宙ステーションへの補給フライト 66P(2017年07月28日)

プログレス補給船(66P)は、日本時間7月21日午前2時46分に国際宇宙ステーション(ISS)から分離しました。66Pは約4時間後に太平洋上に安全に投棄されました。

画像:国際宇宙ステーションへの補給フライト 67Pへリンク

国際宇宙ステーションへの補給フライト 67P(2017年06月19日)

プログレス補給船(67P)は、日本時間6月14日午後6時20分にカザフスタン共和国バイコヌール宇宙基地から打ち上げられ、同6月16日午後8時37分にISSへドッキングしました。

画像:シグナス補給船運用7号機(OA-7)ミッションへリンク

シグナス補給船運用7号機(OA-7)ミッション(2017年06月12日)

シグナス補給船運用7号機は、日本時間6月4日午後10時10分(米国中部夏時間6月4日午前8時10分)にISSのロボットアーム(SSRMS)から放出され、ISSを離脱しました。その後、米国時間6月11日に軌道離脱噴射を行って大気圏に再突入しました。

画像:「こうのとり」6号機、ミッションを完了へリンク

「こうのとり」6号機、ミッションを完了(2017年02月06日)

宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)は、2月6日午前0時06分頃、大気圏に再突入しました。

画像:国際宇宙ステーションへの補給フライト ATV5へリンク

国際宇宙ステーションへの補給フライト ATV5(2015年02月16日)

ATV5フライトは、欧州宇宙機関(ESA)の欧州補給機(Automated Transfer Vehicle: ATV)5号機、「ジョルジュ・ルメートル」を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)後方に無人でドッキングさせ、ISSに補給物資を運搬するミッションです。ATV5号機は、2015年2月14日午後10時42分にISSから分離し、2月16日午前3時12分頃に大気圏へ再突入しました。

Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約