サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

国際宇宙ステーション(ISS)

新着情報

55SクルーらがISSに到着しました(2018年06月11日)

国際宇宙ステーション(ISS)第56次/第57次長期滞在クルーのアレクサンダー・ゲルスト、セルゲイ・プロコピエフ、セリーナ・オナン・チャンセラー宇宙飛行士の3人が搭乗するソユーズMS-09宇宙船(55S)は、日本時間6月8日午後10時01分にISSの「ラスヴェット」(ロシアの小型研究モジュール1)にドッキングしました。

シグナス補給船運用9号機(OA-9)ミッション(2018年05月25日)

シグナス補給船運用9号機(OA-9)は、日本時間5月24日午後6時26分(米国中部夏時間5月24日午前4時26分)に国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(Space Station Remote Manipulator System:SSRMS)により把持され、同日午後9時13分(同日午前7時13分)にISSへ結合されました。

国際宇宙ステーションへの補給フライト SpX-14(2018年05月08日)

SpX-14は、日本時間5月5日午後10時23分(米国中部夏時間5月5日午前8時23分)に、ISSのロボットアーム(SSRMS)から放出され、ISSを離脱しました。
この後、軌道離脱噴射が行われ、軌道上で行われた実験の試料などが積み込まれたSpX-14のカプセル(与圧部)は、日本時間5月6日午前4時00分頃(米国中部夏時間5月5日午後2時00分頃)に米国カリフォルニア州南西沖の太平洋上に着水しました。

シグナス補給船運用3号機(Orb-3)ミッション(2018年04月12日)

アメリカの民間企業オービタル・サイエンシズ(OSC)社の無人補給船、シグナス3号機(Orb-3)を載せたアンタレスロケットは、米国東部夏時間10月28日午後6時22分(日本時間10月29日午前7時22分)、打上げ直後に爆発し、打上げは失敗しました。

シグナス補給船運用2号機(Orb-2)ミッション(2018年04月12日)

ISSに係留されていたシグナス補給船運用2号機は、日本時間8月15日午後7時40分にISSのロボットアーム(SSRMS)から放出され、ISSを離脱しました。その後、シグナス補給船運用2号機は、8月17日午後9時34分に軌道離脱噴射を行い、午後10時15分頃に太平洋上空で大気圏に再突入し、燃焼廃棄されました。

シグナス補給船運用1号機(Orb-1)ミッション(2018年04月12日)

シグナス補給船運用1号機(Orb-1)は、日本時間2月19日午後10時11分から軌道離脱を開始しました。その後、2月20日午前3時20分に太平洋上空で大気圏に突入し、燃焼廃棄されました。

シグナス補給船実証機(Orb-D1)ミッション(2018年04月12日)

シグナス補給船(Orb-D1)は、10月24日午前3時15分頃(日本時間)、大気圏に突入しました。

国際宇宙ステーションへの補給フライト 68P(2018年03月29日)

プログレス補給船(68P)は、日本時間3月28日午後10時50分に国際宇宙ステーション(ISS)から分離しました。この後、68Pは約1ヵ月間にわたり軌道上でロシアの技術試験を行ったのち、太平洋上に安全に投棄される予定です。

1  2  3  4  5  6  7  8  9 |
 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約