サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

ウィークリーレポート

ISSの6人体制開始、2J/Aミッションに向けた準備など(2009年06月01日発行)

6人体制となった若田宇宙飛行士ら第20次長期滞在クルー

6人体制となった若田宇宙飛行士ら第20次長期滞在クルー

≫他の写真を見る

●5月25日~31日の実績

若田宇宙飛行士はこの週、「きぼう」日本実験棟船内実験室内に簡易個室を設置する作業や「きぼう」の船外実験プラットフォーム結合機構(Exposed Facility Berthing Mechanism: EFBM)の運用準備に関する作業を行いました。

5月25日に、若田宇宙飛行士は「きぼう」船内実験室内に簡易個室を設置する作業を行いました。この簡易個室は第20次長期滞在クルーのロバート・サースク宇宙飛行士が使用する予定で、実際に寝る時に寝袋を設置します。

5月26日、若田宇宙飛行士はさいたま市立宮原中学校とのアマチュア無線交信を行いました。また、制振装置付きトレッドミル(Treadmill Vibration Isolation System: TVIS)の修理作業を行い、スピード特性の確認などを行いました。

5月27日、STS-127(2J/A)ミッションでのEFBMの運用に向けた作業として、船内実験室のワークステーションラック内に曝露部結合機構操作表示盤(Berthing Mechanism Control and Display Unit: BCDU)を設置しました。また、「クエスト」エアロック内に保管している船外活動ユニット(Extravehicular Mobility Unit: EMU)3体のサイズ変更を行いました。

5月28日には2J/Aミッションで行う船外活動の作業内容に関する確認を、5月29日には2J/Aミッションで地上に持ち帰る回収品の準備を行いました。

また5月29日には、第20次長期滞在クルーを乗せたソユーズ宇宙船(19S)が国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングし、ISSクルー6人体制での第20次長期滞在が始まりました。

●6月1日~7日の予定

今週は、2J/Aミッションに向けた準備や帰還準備を中心に行います。広報イベントとして、6月1日に6人体制になって初めての軌道上共同記者会見が行われます。また、6月3日にはJAXA広報イベントが行われます。

6月5日には、ゲナディ・パダルカ、マイケル・バラット両宇宙飛行士によるロシアの宇宙服を着用しての船外活動が行われますが、若田宇宙飛行士はISS船内で2J/Aミッションの準備作業を行います。

「若田宇宙飛行士の主な作業予定」 [PDF: 59KB]

※予定の内容は、計画の見直しによって変更される可能性があります。

●トピックス:軌道上の若田宇宙飛行士に質問してみました! ~その3~

おもしろ実験をやってみて、想像と違って驚いたことはありましたか?
おもしろ宇宙実験(ラジオ体操)

おもしろ宇宙実験(ラジオ体操)

いろいろと身体を動かす課題があって面白かったですね。映像は見ていただけたでしょうか? 宇宙滞在にも慣れて、自分の身体が宇宙でどうやって動くのかはだいたいわかったつもりになっていましたが、「ラジオ体操」があんなに形にならなかったのにはちょっとびっくりしました。また、くるくると身体をコマのように回してみましたが、このような動きは通常しないので、自分でも意外なくらいのスピードで回転できることがわかったのも本当に「おもしろ実験」でした。

【動画】若田宇宙飛行士「おもしろ宇宙実験」(その1) [20分11秒]

宇宙ステーションの掃除はどうやっていますか?
船内実験室で掃除機をかける若田宇宙飛行士

「きぼう」内で掃除機をかける様子

地上のようにほうきやはたきは使いませんが、掃除機や紙製のぞうきんは使います。掃除機は、掃除機自体がふわふわ浮いてしまうので、掃除機にまたがって掃除をします。空飛ぶほうきならぬ空飛ぶ掃除機です。フィルターについたゴミや埃はきちんと取り除かないと煙探知機を誤作動させてしまうため、掃除はとても大切な仕事です。また、無重力なのでその辺にフワフワ浮かんでいるケーブルなどをジャマにならないように整理整頓しておく方も大事です。

【動画】若田宇宙飛行士「ISSでの日常生活の様子」 [15分58秒]
掃除機を使った「きぼう」内の掃除風景 [13:03~]

ISSの窓は開けたり閉めたりできるのですか? ISSの窓ってどうなってるの?
「きぼう」の窓から地球を眺める

「きぼう」の窓から地球を眺める

宇宙空間では窓を開けると空気が真空の宇宙へ逃げていってしまいます。ですから、ISSの窓は地上の建物のように開けたり閉めたりはできません。ただ、窓の外側にシャッターが付いているので、これを開けて星や月、地球の様子をみることができます。地上でもそうですが、窓から景色を眺めているととても気持ちがリラックスします。



宇宙滞在当初、ストレス解消は運動、とのことでしたが、長期滞在してみて、ストレス解消法に変化はありましたか?
自転車エルゴメータでの運動

自転車エルゴメータでの運動

ランニングや自転車こぎ運動はいまでもよいストレス解消法です。運動しながら音楽を聴いたり、地上の支援スタッフが送ってくれたニュースを見たりしています。地上ではあまりしていなかったストレス解消法と言えば電話でしょうか。IP電話というシステムが設置されているので、わりと自由に地上と交信が出来ます。このIP電話で、仕事の合間や寝る前などに家族や友人と話をしています。国際宇宙ステーションでの日常会話は英語とロシア語なので、日本語で話しをするのはとても楽しみです。

※特に断りの無い限り日付は日本時間です。

≫ウィークリーレポート一覧へ
≫若田宇宙飛行士トップページへ

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency サイトポリシー・利用規約