サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士、シグナス補給船到着に備えた訓練実施(2013年12月10日)

写真

キューポラにてシグナス補給船の把持を想定したロボットアーム操作の訓練を行う若田宇宙飛行士(12月4日撮影)(出典:JAXA/NASA)

12月9日、マイケル・ホプキンスと若田両宇宙飛行士は、オービタル・サイエンシズ社(Orbital Sciences Corporation: OSC)のシグナス補給船(Orb-1)の到着に向けて、国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアーム(カナダアーム2)(Space Station Remote Manipulator System: SSRMS)でシグナス補給船を把持してISSの「ハーモニー」(第2結合部)に結合する手順を確認するため、軌道上訓練を行いました。

シグナス補給船は12月18日に米国バージニア州にあるNASAワロップス飛行施設から打ち上げられ、ISSへの到着は12月21日の予定です。

また、メンテナンスとして、ISSトイレ(Waste and Hygiene Compartment: WHC)の洗浄剤タンクの交換をしました。

なお、本日17時40分過ぎから晴れれば全国的にISSが良く見えます。

「きぼう」を見よう

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約