サイトマップ

宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センター
宇宙ステーション・きぼう 広報・情報センタートップページ
  • Menu01
  • Menu02
  • Menu03
  • Menu04
  • Menu05
  • Menu06
  • Menu07

JAXA宇宙飛行士によるISS長期滞在

若田宇宙飛行士、Biological Rhythms48 実験を実施(2013年11月28日)

11月27日、若田宇宙飛行士は、JAXAの「長期宇宙飛行時における48時間心臓自律神経活動に関する研究」(Biological Rhythms48)実験のため、携帯型のホルター心電計を身につけました。

この実験は、長期宇宙滞在が睡眠覚醒リズムと心臓自律神経活動に及ぼす影響を評価します。

また、若田宇宙飛行士は、NASAのSprint VO2実験と呼ばれる、微小重力環境におけるより効率的なエクササイズ方法を検証するためのセッションを行いました。この実験では、エクササイズを行い、酸素摂取量、無酸素性作業閾値(有酸素運動から無酸素運動に切り替わる転換点)などを調べます。

若田宇宙飛行士は超高感度4Kカメラの確認作業や設定作業を継続しました。

断りの無い限り、日時はISSでの時間(世界標準時(日本時間-9時間))です。

 
Copyright 2007 Japan Aerospace Exploration Agency SNS運用方針 | サイトポリシー・利用規約